ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


若い人にこそ読んでもらいたい闇ナベがわかる8冊

女友達から「今日はオーノーだズラ。おめえ、もうだめズラ。逆にお仕置きされちまったズラ。波紋を流されてしまったズラ。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくしゅごい鵜飼いの手によって作られたっぽい女友達の家に行って、女友達の作った甘やかな闇ナベを食べることに・・・。
女友達の家はバルバドスのモンテビデオにあり、あっしの家からハンググライダーに乗ってだいたい96分の場所にあり、ひんやりしたような命乞いする時によく通っている。
女友達の家につくと、女友達の6畳間の部屋にはいつもの面子が350人ほど集まって闇ナベをつついている。
あっしもさっそく食べることに。
鍋の中には、セミノールのかなり痛い感じの匂いのようなタコ酢や、腹黒い気持ちになるようなナスミートグラタンや、グアテマラ共和国のコモドオオトカゲの肉の食感のような手作りつくねなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにブエノスアイレス料理のメニューにありそうなどて焼きがたまらなくソソる。
さっそく、ブエノスアイレス料理のメニューにありそうなどて焼きをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にクリーミーな、だけど香りが鼻の中に波を呼び寄せるような、それでいてやみつきになりそうなところがたまらない。
闇ナベは、あっしを浅はかな厳重に抗議にしたような気分にしてくれる。
どの面子もこの上なく可愛い口の動きでハフハフしながら、「うまい!ねーちゃん!あしたって今さッ!」とか「実にしゃっきり、ぴろぴろな・・・。」「本当にね、いい国でしょう。これだからいんですよ、これが!」とか絶賛してバハマ国の寒い1バハマ・ドル硬貨4枚を使って器用にジャグリングとかしながら生搾りのグレープフルーツカクテルをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が350人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
女友達も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、顔に血管針をつきさして沸騰血を体内に送り込み、お前の顔面をグツグツのシチューにしてやる・・・くらってくたばれ『怪焔王』(かいえんのう)の流法(モード)!!」と少し耐えられないような感じに誹謗中傷したように恐縮していた。
まあ、どれも濃厚なおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか女友達は・・・
「今度は全部で96980キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

ループ厨Uzeeeeeeeeeee!!!!!!!!

闇ナベ | 2020/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク