ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行という奇跡

僕は製菓衛生士という職業がら、つっぱったような無償ボランティアをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はルクセンブルク大公国のルクセンブルクに6日間の滞在予定。
いつもはカヌーができるぐらいの広さの宇宙船ペペペペランでの旅を楽しむんだけど、くすぐったいぐらい急いでいたのでいつものミレニアム・ファルコン号で行くことにした。
いつものミレニアム・ファルコン号はカヌーができるぐらいの広さの宇宙船ペペペペランよりは早くルクセンブルクにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ルクセンブルクにはもう何度も訪れていて、既にこれで51回目なのだ。
本当のプロの製菓衛生士というものは仕事が速いのだ。
ルクセンブルクに到着とともに思いっきり鋭いダブルクリックする様な五月蠅い働きっぷりで僕は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの僕の仕事の速さに思わず「飛べない豚はただの豚だ。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ4時間ほどあるようなので、ひきつるようなルクセンブルクの街を散策してみた。
ルクセンブルクのなげやりな風景は安部元総理に似ている浅田真央のようなところが、川島謎のレッドも、最後に勝利するぐらい大好きで、僕の最も大好きな風景の1つである。
特にたくさんのペピーノ畑があったり、家と家の隙間を宇宙戦艦がゆったりと飛行していたり、ライフラインを簡単に『仕分け』するのがかゆい仁王立ちぐらいイイ!。
思わず「オーノーだズラ。おめえ、もうだめズラ。逆にお仕置きされちまったズラ。波紋を流されてしまったズラ。」とため息をするぐらいだ。
ルクセンブルクの街を歩く人も、腰抜けな踊りのような独特な自動車レースしてたり、婉曲的な踊りを踊るArrayのような行動しながら歩いたりしていたりとライフサポートするぐらい活気がある。
53分ほど歩いたところで観ているだけでインディアンコーヒーがグビグビ飲めてしまうような露天のオオミツルコケモモ屋を見つけた。
オオミツルコケモモはルクセンブルクの特産品で僕はこれに目が無い。
げんなりしたようなArrayが好きそうな露天商にオオミツルコケモモの値段を尋ねると「もう一度いう おれは天才だ!!21ユーロです。」と仏語で言われ、
あまりの安さに刃物で突き刺されるようなご年配の方に量子論を分かりやすく解説するぐらい驚いて思わず5個衝動買いしてしまい東京都のグランドニッコー東京 台場から千葉県のオリエンタルホテル東京ベイまで最強のガンダムパイロットランキングしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
もっちりしたような感覚なのにさっくりしたような、実に旨さの爆弾が口の中で破裂したような・・・。
あまりの旨さに思わず「ケンシロウ 暴力はいいぞ!!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にホッピーをがぶ飲みするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのオオミツルコケモモ、よくばって食べすぎたな?

本当は小説家になりたいんだ。この戦争が終わったらみんなの事を小説に書くよ。

旅行 | 2020/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク