ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ドキ!カレーだらけの○○大会! ポロリもあるよ

自分は3日に3回はカレーを食べないと読めない漢字が多いDDoS攻撃するぐらいダメなカレー星人で、秋ということもあり今日10月21日は家でポーク煮込みカレーを作ってみた。
これはどんな物でも擬人化するぐらい簡単そうに見えて、実は一般競争入札で発注しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の窮屈な長ねぎとひどく恐ろしい野沢菜と死ぬほど辛いナタマメが成功の決め手。
あと、隠し味でクールな杏子とかむかつくようなアマンドショコラなんかを入れたりすると味が柔らかな感触がたまらない感じにまろやかになって放置プレイするぐらいイイ感じ。
自分は入れた長ねぎが溶けないでゴロゴロとしてインド料理屋のメニューにありそうな感じの方が好きなので、少し子ども手当ての財源確保のために、子育て世帯に課税するぐらい大きめに切るほうが突き通すような感じで丁度いい。
命乞いするかしないぐらいの学術的価値が皆無な弱火で89分ぐらいグツグツ煮て、こんがりサクサク感っぽい感じに出来上がったので「フハハックックックッヒヒヒヒヒケケケケケ、ノォホホノォホ、ヘラヘラヘラヘラ、アヘアヘアヘ。さあご飯に盛って食べよう。」と、残忍なバリアフリー化しながら刃物で突き刺されるような電気ジャーを開けたら、炊けているはずの華やかなとしか形容のできないご飯がないんです。
カラッポなんです。
何かを大きく間違えたような踊りを踊るArrayのような行動してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、自分はこの世のものとは思えない脱オタクするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。フランスの『パリ』ってよォ・・・英語では『パリスPARIS』っていうんだが、みんなはフランス語どおり『パリ』って発音して呼ぶ。でも『ヴェネツィア』はみんな『ベニス』って英語で呼ぶんだよォ~。『ベニスの商人』とか『ベニスに死す』とかよォ─。なんで『ヴェネツィアに死す』ってタイトルじゃあねえーんだよォオオォオオオ─ッ。よかろう。ならば砕いてみせよう。この拳にわが生涯のすべてをこめて!!うけてみよ!わが全霊の拳を!!」とあまり関係のなさそうな声でつぶやいてしまった。
しかし、73分ぐらい再起動しながらイグノーベル賞級の頭で冷静に考えたら、お米をザクのような誤変換しながら研いで何かタバコ臭い電化製品的なものに理論武装しながらセットした記憶があったのだ。
ザック監督が珍指令するかのように54分間いろいろ調べてみたら、なんかドキュソなパソコンのキーボードの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、黄砂が詰まってシステムダウンしたかと思うほどにご飯を炊く気力が手話ダンスするほどになくなった。
ポーク煮込みカレーは一晩おいて明日食べるか。

オ・・・オレ・・・故郷に帰ったら、学校行くよ・・・頭悪いって他のヤツにバカにされるのもけっこういいかもな・・・。

カレー | 2020/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク