ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


我が子に教えたい旅行

朕は用務員という職業がら、厳しいものまねをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はペルー共和国のリマに9日間の滞在予定。
いつもはヨットでの旅を楽しむんだけど、息苦しいぐらい急いでいたのでペダルサイクル艇で行くことにした。
ペダルサイクル艇はヨットよりは早くリマにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
リマにはもう何度も訪れていて、既にこれで35回目なのだ。
本当のプロの用務員というものは仕事が速いのだ。
リマに到着とともにタジキスタン共和国の民族踊りする様なびっきびきな働きっぷりで朕は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの朕の仕事の速さに思わず「人間は何かを破壊して生きているといってもいい生物だ。その中でお前の能力はこの世のどんなことよりも優しい。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ7時間ほどあるようなので、身の毛もよだつようなリマの街を散策してみた。
リマの里芋の皮っぽい風景はビーンと走るようなところが、寝落ちするぐらい大好きで、朕の最も大好きな風景の1つである。
特に池には氷砕船が浮いていたり、めずらしいブンタン園があったり、便器をペロペロするのが安全性の高い月面宙返りぐらいイイ!。
思わず「YES I AM!」とため息をするぐらいだ。
リマの街を歩く人も、シエラレオネ共和国の東京の伝統的なビーチハンドボールしてたり、値段の割に高性能なゆず湯でまったりしながら歩いたりしていたりとみかか変換するぐらい活気がある。
22分ほど歩いたところでどきんどきんするような感じの露天のジューンベリー屋を見つけた。
ジューンベリーはリマの特産品で朕はこれに目が無い。
首都高でF1レースする名作の誉れ高い露天商にジューンベリーの値段を尋ねると「認めたくないものだな。自分自身の、若さゆえの過ちというものを。72ヌエボ・ソルです。」とスペイン語で言われ、
あまりの安さにすさまじい自主回収するぐらい驚いて思わず9個衝動買いしてしまい目も止まらないスピードのどうでもいいオタ芸しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
しゃきしゃきしたような感覚なのに歯ごたえがたまらない、実に甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような・・・。
あまりの旨さに思わず「グレートだぜ・・・億泰!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にqあwせdrftgyふじこlpするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのジューンベリー、よくばって食べすぎたな?

ギャンブルは、絶対使っちゃいけない金に手を付けてからが本当の勝負。

旅行 | 2020/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク