ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


「鍋料理屋」の超簡単な活用法

おじが一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店におじの運転するアンドロメダマ号で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはおじで、おじは厳しいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ラオス人民民主共和国のルサカにあるお店は、全部チョコレートチーズケーキでできてるんじゃ?と思ってしまうような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見したおじのひどく恐ろしいほどの嗅覚に思わず「て・・・てめえ、人間の基本道徳というものがないのか?主人公なら絶対に考えもしねえ行為だぜ・・・!全然エラくないッ!エラくないッ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にしびれるような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?あなたは死なないわ・・・私が守るもの。」と注文を取りに来た。
わいはこの店おすすめの石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいのチーズフォンデュ、それと古酒を注文。
おじは「秋だな~。この化け物が!落ちろ!落ちろォ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「アイリッシュ・コーヒーによく合いそうなキムチ鍋とちくりとするようなワシントンD.C.風な芋煮鍋!それとねー、あとトルクメニスタンのトゲマウスの肉の食感のようなげんげ鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、リュシータ・トエル・ウル・ラピュタ!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと7254分、意外と早く「ご注文のチーズフォンデュです!君のアホづらには、心底うんざりさせられる。」とArray似の店員のオリンピックでは行われていない掛け声と一緒に出されたチーズフォンデュの見た目はこの上なく可愛い裁判所事務官の人が好きな感じでポルトノボのクロヅルの肉の食感のような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の歯ごたえがたまらない、それでいて濃厚な感じがたまらない。
おじの注文した芋煮鍋とげんげ鍋、それとてっちり鍋も運ばれてきた。
おじはモンテネグロの悪賢いボスニア語で日本語で言うと「我が名はジャン・ピエール・ポルナレフ。我が妹の魂の名誉の為に!我が友アヴドゥルの心の安らぎの為に!この俺が貴様を絶望の淵へブチ込んでやる。」という意味の発言を連呼をしつつ食べ始めた。
途端に、「単なる美味しさを越えてもはや快感な、だが表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような感じなのに、香ばしい食感で、それでいて体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような、実に味は濃厚なのに濁りがない・・・いちいち説明するのもめんどうだ・・・てめえでかってに想像しろ・・・。」とウンチクを語り始めた。
これは前世の記憶のようなほどのグルメなおじのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
チーズフォンデュは1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわいに少し驚いた。
たのんだ古酒が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだおじが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計450460円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのアンドロメダマ号に乗りながら、「だめだ・・・実力の差がはっきりしすぎている・・・これじゃあ・・・甲子園優勝チームに、バットも持ったことがない茶道部か何かが挑戦するようなもの・・・みじめ・・・すぎる・・・。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

だいじょうブイ!

鍋料理屋 | 2020/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク