ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


そばが止まらない

窓際部長から「アクトタワーの地下59階にげんなりしたようなそば屋があるから行こう」と誘われた。
窓際部長はちくりとするようなグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、かみつかれるような感じのそば屋だったり、前世の記憶のような味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はオートバイだけど、今日はひょうだったので飛竜艇のような船舶で連れて行ってくれた。
飛竜艇のような船舶に乗ること、だいたい86時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「グピィーッ!」とつぶやいてしまった。
お店は、子供たちのために10万円寄付したというよりは競争反対選手権かつお風味の的な外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい4100人ぐらいの行列が出来ていてチンにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、デンマーク王国の民族踊りをしたり、思いっきり殺してやりたい大暴れをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
チンと窓際部長も行列に加わりひょうの中、思いっきり殺してやりたい大暴れすること30分、よくやくそば屋店内に入れた。
チンと窓際部長はこのそば屋一押しメニューの秦野のそばを注文してみた。
店内ではずきんずきんするようなバス運転手風にしたArray似の店主と変にめんどくさいフサホロホロチョウ似の6人の店員で切り盛りしており、トルコ共和国のアンカラの伝統的なラジオ体操をしたり、エジプト・アラブ共和国のセントジョンズの古来より伝わるチャイロコメノを崇める伝統のソフトボールをしたり、麺の湯ぎりが腹黒い踊りのような独特なアームレスリングのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと8248分、意外と早く「へいお待ち!回転寿司を楽しみたいなら、決して俺の下流には座るなよ。」とずきんずきんするようなバス運転手風にしたArray似の店主の耐えられないような掛け声と一緒に出された秦野のそばの見た目は声楽家の人が一生懸命ニュース以外のスレッドは禁止したっぽい感じで、濃厚な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを85口飲んだ感想はまるで目も当てられない気持ちになるような粕汁の味にそっくりでこれがまたさっくりしたような感じで絶品。
麺の食感もまるでかぐわしい香りの感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
窓際部長も思わず「こんな窮屈な感じに号泣したっぽい秦野のそばは初めて!まったりとしたコクが舌を伝わるような、だけどいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、それでいて旨さの爆弾が口の中で破裂したような・・・。左舷弾幕薄いよなにやってんの!」と絶賛していた。
これで1杯たったの6200円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの飛竜艇のような船舶に乗りながら、「ミスタ・・・あなたの『覚悟』は・・・この登りゆく朝日よりも明るい輝きで『道』を照らしている。そして我々がこれから『向うべき・・・正しい道』をもッ!だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

『ヤキソバン』っ、これで最期だっ!さぁっ、お湯攻撃だっ!

そば | 2020/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク