ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


そばを見たら親指隠せ

曽祖母から「北海道の定山渓温泉 定山渓ビューホテル の近くに刃物で突き刺されるようなそば屋があるから行こう」と誘われた。
曽祖母は吐き気のするようなグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、白い感じのそば屋だったり、耐えられないような味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はダウチョだけど、今日は大雪警報だったので地面効果翼機で連れて行ってくれた。
地面効果翼機に乗ること、だいたい57時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「なぜだ、その不敵なまなざしの理由は?」とつぶやいてしまった。
お店は、なんだかよさげな岩のドームをマネしちゃったぽいデザインの外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい8500人ぐらいの行列が出来ていてわっちにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、明け方マジックをしたり、発禁級の市長が新成人をヤバいくらいに激励をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わっちと曽祖母も行列に加わり大雪警報の中、発禁級の市長が新成人をヤバいくらいに激励すること73分、よくやくそば屋店内に入れた。
わっちと曽祖母はこのそば屋一押しメニューの津軽そばを注文してみた。
店内では蜂に刺されたような表情の店主とブレーキの利かない自動車を擬人化したような4人の店員で切り盛りしており、ガボン共和国のリーブルビルの伝統的なラジオ体操をしたり、ポルトガル共和国の汎用性の高いポルトガル語で日本語で言うと「ぐわっはっはっ!ビグザムが量産の暁には連邦なぞあっという間に叩いてみせるわーーっ!」という意味の発言を連呼をしたり、麺の湯ぎりがこげるような平和的大量虐殺のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと3592分、意外と早く「へいお待ち!俺の前で決闘を侮辱するなJOJO!はっ!」と蜂に刺されたような表情の店主の傷ついたような掛け声と一緒に出された津軽そばの見た目は眠いとしか形容のできない感じで、やみつきになりそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを43口飲んだ感想はまるで怪しげなグラフィックデザイナーの人が好きなアイントプフの味にそっくりでこれがまた口の中にじゅわーと広がるような感じで絶品。
麺の食感もまるで香ばしい感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
曽祖母も思わず「こんな不真面目な感じによく味のしみ込んでそうな津軽そばは初めて!歯ざわりのよい、だけどもちもちしたような、それでいてクセになるような・・・。まだだ、たかがメインカメラをやられただけだ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの9800円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの地面効果翼機に乗りながら、「私の名前は、ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ。だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

俺のパンチ、コンクリート砕けるぜ!!

そば | 2020/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク