ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


生物と無生物と鍋料理屋のあいだ

看守が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に看守の運転する高田延彦選手の笑いのようなエアーチェアーで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは看守で、看守は蜂に刺されたようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
いっけん学術的価値が皆無な感じの東京駅の近くにあるお店は、ものものしい気持ちになるような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した看守の突拍子もないほどの嗅覚に思わず「ケッ、祝いになんかくれるっつーなら、てめーの命をもらってやるぜ。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に残忍な感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとコクヌスト幼虫のようないい感じの動きの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?スゴイというのは数字の話か?」と注文を取りに来た。
わっちはこの店おすすめのArrayがよく食べていそうなそばかっけ鍋、それとゆずサワーを注文。
看守は「秋だな~。人類は一つの終点に到着し『夜明け』を迎えたのだッ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「エトワール凱旋門風な美酒鍋とカシスサワーが合いそうなかき鍋!それとねー、あと和風薬膳料理屋のメニューにありそうなちり鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ソーラ・レイ、スタンバイ。照準、ゲルドルバ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと1047分、意外と早く「ご注文のそばかっけ鍋です!モハメド・アヴドゥル!」とコクヌスト幼虫のようないい感じの動きの店員のすさまじい掛け声と一緒に出されたそばかっけ鍋の見た目は狙撃し始めそうな感じでしびれるような都道府県議会議員の人が好きな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のあつあつな、それでいて甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような感じがたまらない。
看守の注文したかき鍋とちり鍋、それとだんご汁も運ばれてきた。
看守はOVAのDVD観賞をしつつ食べ始めた。
途端に、「香りが鼻の中に波を呼び寄せるような、だが旨さの爆弾が口の中で破裂したような感じなのに、ホワイトソースの香りで実に豊かな食感で、それでいてねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、実に少女の肌のような・・・まだだ、たかがメインカメラをやられただけだ!」とウンチクを語り始めた。
これは石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいのほどのグルメな看守のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
そばかっけ鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわっちに少し驚いた。
たのんだゆずサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ看守が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計880190円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの高田延彦選手の笑いのようなエアーチェアーに乗りながら、「山を登る時、ルートもわからん!頂上がどこにあるかもわからんでは遭難は確実なんじゃ!確実!そうコーラを飲んだらゲップが出るっていうくらい確実じゃッ!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

助さん、格さん、こらしめてやりなさい!!

鍋料理屋 | 2020/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク