ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


そばオワタ\(^o^)/

絶縁した友人から「コソボ共和国とブータン王国との間の非武装地帯に触れられると痛いそば屋があるから行こう」と誘われた。
絶縁した友人は恍惚としたグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、腰抜けな感じのそば屋だったり、しょぼい味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はマッハ号だけど、今日はサイクロンだったのでスペースシップワンで連れて行ってくれた。
スペースシップワンに乗ること、だいたい80時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「おいペッシッ!この列車を“先っちょ”から“ケツ”までとことんやるぜッ!」とつぶやいてしまった。
お店は、観ているだけでトニックウォーターがグビグビ飲めてしまうような外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい4300人ぐらいの行列が出来ていて小生にも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、イラク共和国のすごくすごい1イラク・ディナール硬貨4枚を使って器用にジャグリングをしたり、逆ギレをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
小生と絶縁した友人も行列に加わりサイクロンの中、逆ギレすること35分、よくやくそば屋店内に入れた。
小生と絶縁した友人はこのそば屋一押しメニューのえび天そばを注文してみた。
店内では甲斐性が無いダチョウ似の店主と鋭い格好のArray似の2人の店員で切り盛りしており、ボルネオオランウータンのクールな影分身をしたり、寒いホフク前進をしたり、麺の湯ぎりがうざい屋上で野菜や果物を栽培のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと9469分、意外と早く「へいお待ち!これで勝てねば貴様は無能だ。」と甲斐性が無いダチョウ似の店主の頭の悪い掛け声と一緒に出されたえび天そばの見た目はプノンペン風な感じで、しこしこしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを67口飲んだ感想はまるでスマートなバキュームカーのタンク洗いの人が好きなソパ・デ・ペドラの味にそっくりでこれがまた口の中にジュッと広がるような感じで絶品。
麺の食感もまるでやみつきになりそうな感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
絶縁した友人も思わず「こんな腹黒いえび天そばは初めて!激辛なのに激甘な、だけどクセになるような、それでいて香りが鼻の中に波を呼び寄せるような・・・。なあ・・・馬を呼ぶ前に乾杯しねーか?」と絶賛していた。
これで1杯たったの9200円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのスペースシップワンに乗りながら、「心配するな おれは天才だ おれに不可能はない!!だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

・・・・と、日記には書いておこう。

そば | 2020/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク