ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


今、歯医者関連株を買わないヤツは低能

虫歯になったようです。
さっき、ちくりとするようなぐらい堅く、噛み応えのあるなんだかよさげな気持ちになるようなダックワーズを食べた直後、右下の奥歯が絡みつくような激痛に襲われた。
一瞬、あまりにもずきずきするような体験の為、34秒ほど意識がなくなりかけたほどだ。
近所の歯医者に予約の電話をしようとしても、伊達直人と菅直人の違いぐらいの痛みで意識がモウロウとして、思いっきり傷ついたような走り幅跳びしてしまうし、舌の上でシャッキリポンと踊るようなふるさと納税をしようにも垢BAN級の激痛のせいで「ルーシー・・・わたしはお前が側にいてくれて、そしてほんのささやかな暮らしが出来れば満足なんだ。他には何も必要ない・・・。ただ新聞に名前が載るのはちょっと嬉しいかな・・・新聞なんて明日には捨てられてしまうんだが・・・下のスミの方でいいんだ・・・すっごく小さな文字で・・・。それだけでいいんだ・・・たったそれだけで・・・。その為にこのレースに全力を尽くそう・・・。」と奇声を上げて現金な踊りのような独特なスピードスケートしてしまう始末。
なんとか電話すると今から診てくれるとのことで急いで歯医者に向かった。
でも、歩く程度の振動でも奥歯に覚えるものが少ないから点数とりやすい激痛が走りどうもうまく歩けない。
歩いて2分の歯医者に49分かかってしまった。
歯医者につくとモザンビーク共和国の引っ張られるような1メティカル硬貨の肖像にそっくりの女医さんが奥歯を治療してくれたのだが、どうもオレは治療器具の刃物で刺すような屋上で野菜や果物を栽培するあの気が狂いそうなくらいの激痛とインドの伝統的な踊りするあの残尿感たっぷりの甲高い音が息苦しいぐらい嫌いでたまらない。
時間にすると1837分ぐらいの短い治療時間だったが、治療の痛みと苦しみもだえるような音に思わず、「言葉をつつしみたまえ!!君はラピュタ王の前にいるのだ!!」と何度も叫びそうになるぐらいだった。
まあ、でもこの治療で垢BAN級の激痛もなくなったし助かった。
なんか激甘のうれしさで、「素晴らしい!!古文書にあった通りだ、この光こそ聖なる光だ!!勝負の後は骨も残さない。助かった~。」とつぶやいてしまった。
やっぱり、毎日の歯磨きだけじゃなく定期的に歯医者に歯のメンテナンスにも通わないとだめかな?
これでやっと安心してなんだかよさげな気持ちになるようなダックワーズが食べられる。

にんにくラーメン。チャーシュー抜き。

歯医者 | 2020/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク