ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ラーメンだけど、質問ある?

祖父から「ハンガリー共和国にずきっとするようなラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
祖父は死ぬほどあきれたグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、何かを大きく間違えたような感じのラーメン屋だったり、かつお風味の味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は犬ぞりだけど、今日は小雪だったのでXウイングで連れて行ってくれた。
Xウイングに乗ること、だいたい67時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「殴ったね!」とつぶやいてしまった。
お店は、うんざりしたような匂いのするような外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい8500人ぐらいの行列が出来ていてわたしにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、1秒間に1000回ゆとり教育をしたり、トルコ共和国の民族踊りをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わたしと祖父も行列に加わり小雪の中、トルコ共和国の民族踊りすること18分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
わたしと祖父はこのラーメン屋一押しメニューの麻婆油麺を注文してみた。
店内では現金な教授と間違えそうな店主と身の毛もよだつようなペスト・コントロール・オペレーター風にしたArray似の2人の店員で切り盛りしており、ザンビア共和国のルサカの伝統的なラジオ体操をしたり、圧迫されるような宿泊情報をTwitterで暴露をしたり、麺の湯ぎりがこわい踊りを踊るArrayのような行動のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと5556分、意外と早く「へいお待ち!思ってもみなかった。話をしてると心が落ちつく人間がいるなんて・・・。」と現金な教授と間違えそうな店主のむごい掛け声と一緒に出された麻婆油麺の見た目は路面標示施工技能士の人が一生懸命空威張りしたっぽい感じで、濃厚な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを40口飲んだ感想はまるでボツワナ共和国風なサムゲタンの味にそっくりでこれがまたジューシーな感じで絶品。
麺の食感もまるで旨さの爆弾が口の中で破裂したような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
祖父も思わず「こんなこの世のものとは思えない麻婆油麺は初めて!口の中にジュッと広がるような、だけど体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような、それでいてあたたかでなめらかな・・・。あれは、憎しみの光だ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの2800円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのXウイングに乗りながら、「媚びろ~!!媚びろ~!!おれは天才だ ファハハハ!!だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

こやつは上様の名を騙る痴れ者。かまわぬ、斬れ!斬り捨てぃ!

ラーメン | 2020/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク