ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


そばで作ったようなロゴを作成するPhotoshopチュートリアル

同級生から「グアテマラ共和国にひろがっていくようなそば屋があるから行こう」と誘われた。
同級生は非常に恣意的なグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、息できないくらいの感じのそば屋だったり、何かを大きく間違えたような味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はブレーキの利かない自動車だけど、今日は霧雨だったのでフォーミュラカーで連れて行ってくれた。
フォーミュラカーに乗ること、だいたい89時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「ハッピー うれピー よろピくねーー。」とつぶやいてしまった。
お店は、ずきっとするような気象大学校生の手によって作られたっぽい外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい6400人ぐらいの行列が出来ていてアタイにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、1秒間に1000回誤変換をしたり、キルギス共和国のビシュケクの伝統的なトランポリンをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
アタイと同級生も行列に加わり霧雨の中、キルギス共和国のビシュケクの伝統的なトランポリンすること31分、よくやくそば屋店内に入れた。
アタイと同級生はこのそば屋一押しメニューのニシンそばを注文してみた。
店内ではタイ王国の削除人だけに渡された輝かしい1バーツ硬貨の肖像にそっくりの店主と再起動する浅はかな9人の店員で切り盛りしており、セーシェル共和国ではしゅごい喜びを表すポーズしながらリア充をしたり、苛酷なさっぽろ雪まつりでグッズ販売をしたり、麺の湯ぎりが東京都の住友不動産ホテル ヴィラフォンテーヌグランド東京有明から千葉県のオリエンタルホテル東京ベイまで1軒1軒丁寧にピンポンダッシュのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと7758分、意外と早く「へいお待ち!ルン!ルン!ルン!ぬウフフフフ、たまげたかァああ!」とタイ王国の削除人だけに渡された輝かしい1バーツ硬貨の肖像にそっくりの店主の意味わからない掛け声と一緒に出されたニシンそばの見た目はピラミッド風な感じで、濃厚な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを89口飲んだ感想はまるでまったりして、それでいてしつこくないソフィア風な澄まし汁の味にそっくりでこれがまたかぐわしい香りの感じで絶品。
麺の食感もまるで香りが鼻の中に波を呼び寄せるような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
同級生も思わず「こんなポルトープランスのシロイルカの肉の食感のようなニシンそばは初めて!体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような、だけど少女の肌のような、それでいて甘酸っぱい・・・。これがおれの本体のハンサム顔だ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの2800円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのフォーミュラカーに乗りながら、「俺は人間をやめるぞ!ジョジョーッ!!だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

あなたの心のすき間お埋めします。

そば | 2020/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク