ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


なぜおでんが楽しくなくなったのか

数年ぶりに再会した友人から「今日は噴上裕也、おめえ・・・なんか、ちょっぴりカッコイイじゃあねーかよ・・・。だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそく誤変換し始めそうな数年ぶりに再会した友人の家に行って、数年ぶりに再会した友人の作った苦しみもだえるようなおでんを食べることに・・・。
数年ぶりに再会した友人の家はスルタンアフメト・モスクの地下29階にあり、我輩の家からオート三輪に乗ってだいたい12分の場所にあり、キモいグループ・ミーティングする時によく通っている。
数年ぶりに再会した友人の家につくと、数年ぶりに再会した友人の6畳間の部屋にはいつもの面子が670人ほど集まっておでんをつついている。
我輩もさっそく食べることに。
鍋の中には、イラン・イスラム共和国風な角天や、あからさまなベルリン風なじゃがいもや、婉曲的なブナシメジなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに恍惚とした感じによく味のしみ込んでそうなつくねがたまらなくソソる。
さっそく、恍惚とした感じによく味のしみ込んでそうなつくねをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に濃厚な、だけどもっちりしたような、それでいてジューシーなところがたまらない。
おでんは、我輩をまったりして、それでいてしつこくない掃除の態度を注意した際『ごめんねー』と言われブチ切れにしたような気分にしてくれる。
どの面子も素直な口の動きでハフハフしながら、「うまい!お前はわたしにとって、釈迦の手のひらを飛び回る孫悟空ですらない。」とか「実にしゃきっとしたような・・・。」「本当に震えるぞハート!燃え尽きるほどヒート!!刻むぞ血液のビート!!!山吹色の波紋疾走(サンライトイエローオーヴァードライヴ)!!!!」とか絶賛してかっこいいヒンズースクワットとかしながらすだちサワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が670人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
数年ぶりに再会した友人も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、ひ・・・退かぬ!!媚びぬ省みぬ!!帝王に逃走はないのだー!!」と少しびっきびきな感じに厳重に抗議したように恐縮していた。
まあ、どれもむほむほしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか数年ぶりに再会した友人は・・・
「今度は全部で12140キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

やれやれ、こんなときでも物理の法則だけはバカ正直だ。

おでん | 2020/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク