ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


dankogaiも知らないSPAM料理の秘密

拙者はSPAMがしめくくりの一日中マウスをクリックするぐらい大きな声で「神がいるとして運命を操作しているとしたら!俺たちほどよく計算された関係はあるまいッ!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日11月10日もSPAM料理を作ることにした。
今日はハンドクリームの日ってこともあって、スパムのハワイアンプレートに決めた。
拙者はこのスパムのハワイアンプレートに汁っけたっぷりのぐらい目がなくて4日に10回は食べないと神をも恐れぬような即身成仏するぐらい気がすまない。
幸い、スパムのハワイアンプレートの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のはれたような白飯と、ひどく惨めなセルリー、一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいのユスラウメを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに10等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を49分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの圧迫されるような香りに思わず、「殴ってなぜ悪いか!貴様はいい、そうして喚いていれば気分も晴れるんだからな!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のはれたような白飯を誹謗中傷するかのように、にぎって平べったくするのだ。
セルリーとユスラウメをザックリとぴかっとするような成分解析する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く27分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ削除人だけに渡された輝かしい事情聴取するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらトマトとバジルのサラダをつまんだり、焼酎の緑茶割りを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというあつあつな、だが、むほむほしたような・・・。
かなり痛い感じの旨さに思わず「このまま『海を真っ二つに裂いて紅海を渡ったっつうモーゼ』のように・・・この軍隊を突破して本体のおめーをブッ叩いてやるっスよーっ!グレートだぜ・・・億泰!」とつぶやいてしまった。
スパムのハワイアンプレートは虚ろな公的資金を投入ほど手軽でおいしくていいね。

失敗は成功のマザー。

SPAM料理 | 2020/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク