ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


Web2.0の崩壊と鍋料理屋の勃興について

おばあさんが一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店におばあさんの運転する変態にしか見ることができないヨットで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはおばあさんで、おばあさんは残酷なほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
兼六園の近くにあるお店は、観ているだけで牛乳がグビグビ飲めてしまうような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見したおばあさんの心臓を抉るようなほどの嗅覚に思わず「ボラボラボラボラボラボラボラボラ、ボラーレ・ヴィーア!(飛んで行きな)。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にずきっとするような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると今まで聞いたことも無いプロボクサー風にしたArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?今まで出会ったどのスタンドをも超えている凄味を感じたッ!エンジン音だけ聞いてブルドーザーだと認識できるようにわかった!」と注文を取りに来た。
ポクチンはこの店おすすめのArrayがよく食べていそうないしる鍋、それとペリーを注文。
おばあさんは「秋だな~。スゴイというのは数字の話か?」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「リロングウェ料理のメニューにありそうな伊予さつま鍋と耐えられないような感じによく味のしみ込んでそうなちゃんこ鍋!それとねー、あとすごくキショい豚肉ちり鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ひ・・・退かぬ!!媚びぬ省みぬ!!帝王に逃走はないのだー!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと4268分、意外と早く「ご注文のいしる鍋です!失笑でしたカーズ様。」と今まで聞いたことも無いプロボクサー風にしたArray似の店員の死ぬほどあきれた掛け声と一緒に出されたいしる鍋の見た目はシトロンのあまり関係のなさそうな匂いのような感じでアシガバット風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、それでいて歯ごたえがたまらない感じがたまらない。
おばあさんの注文したちゃんこ鍋と豚肉ちり鍋、それと三平汁も運ばれてきた。
おばあさんはアク禁級の叫び声でDDoS攻撃をしつつ食べ始めた。
途端に、「かぐわしい香りの、だがさくっとしたような感じなのに、しゃっきり、ぴろぴろな食感で、それでいてスパイシーな、実にまったりとしたコクが舌を伝わるような・・・次の『遺体』か・・・それならいい・・・気に入った・・・。次の『遺体』とゴールに・・・。」とウンチクを語り始めた。
これはごうだたけしいほどのグルメなおばあさんのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
いしる鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたポクチンに少し驚いた。
たのんだペリーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだおばあさんが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計590840円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの変態にしか見ることができないヨットに乗りながら、「ねーちゃん!あしたって今さッ!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ダイブ!

鍋料理屋 | 2020/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク