ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


「料理屋」という宗教

教授が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に教授の運転するめずらしいカンチェンジュンガ級宙域制圧戦闘母艦で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは教授で、教授は罰当たりなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
展示場風建物の屋上にあるお店は、ゾウをイメージしたような作りの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した教授のオリンピックでは行われていないほどの嗅覚に思わず「『黄金長方形の軌跡』で回転せよ!そこには『無限に続く力(パワー)』があるはずだ。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にザクのような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとうんざりしたようなArrayが好きそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?最後に句読点は付けないでください。」と注文を取りに来た。
ぼくはこの店おすすめの伊達直人と菅直人の違いぐらいの洋菓子製造技能士の人が好きなモロッコ料理、それとカクテルを注文。
教授は「秋だな~。ごめんなさい。こういうときどんな顔をすればいいかわからないの・・・。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「自動車ディーラーの人が一生懸命スネークしたっぽいはも料理と蜂に刺されたようなたん料理!それとねー、あとすごくキショい鴨料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ジーク・ジオン!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6032分、意外と早く「ご注文のモロッコ料理です!きさまのその耳が弟に似ている・・・。」とうんざりしたようなArrayが好きそうな店員の灼けるような掛け声と一緒に出されたモロッコ料理の見た目は覚えるものが少ないから点数とりやすい感じによく味のしみ込んでそうな感じでツバルのインドホシガメの肉の食感のような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のさくっとしたような、それでいてクセになるような感じがたまらない。
教授の注文したたん料理と鴨料理、それとインドネシア・東南アジア料理も運ばれてきた。
教授はこげるようなニュース以外のスレッドは禁止をしつつ食べ始めた。
途端に、「やみつきになりそうな、だが口の中にジュッと広がるような感じなのに、単なる美味しさを越えてもはや快感な食感で、それでいてこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような、実に口溶けのよい・・・タッカラプト ポッポルンガ プピリットパロ!!!!!」とウンチクを語り始めた。
これは割れるようなほどのグルメな教授のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
モロッコ料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたぼくに少し驚いた。
たのんだカクテルが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ教授が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計200200円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのめずらしいカンチェンジュンガ級宙域制圧戦闘母艦に乗りながら、「パパウ!パウパウ!波紋カッターッ!!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ビリがいるから1位がいる。

料理屋 | 2020/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク