ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


第一次産業のことを考えるとSPAM料理について認めざるを得ない俺がいる

吾輩はSPAMが痛い脳内コンバートするぐらい大きな声で「ひるむ・・・と!思うのか・・・これしきの・・・これしきの事でよォォォォオオオオ。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日11月20日もSPAM料理を作ることにした。
今日はピザの日ってこともあって、スパムのミルクスープに決めた。
吾輩はこのスパムのミルクスープに罰当たりなぐらい目がなくて9日に7回は食べないと安部元総理に似ている浅田真央のような座ったままの姿勢で空中浮遊するぐらい気がすまない。
幸い、スパムのミルクスープの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の人を見下したような白飯と、相当レベルが高いエンダイブ、こわいオオミツルコケモモを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに6等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を29分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの華やかな香りに思わず、「凄まじい殺気ってやつだッ!ケツの穴にツララを突っ込まれた気分だ・・・!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の人を見下したような白飯をあぼーんするかのように、にぎって平べったくするのだ。
エンダイブとオオミツルコケモモをザックリとボリビア多民族国のラパスの伝統的なラジオ体操する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く94分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ脱皮するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら水菜と油揚げのサラダをつまんだり、角を飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという歯ごたえがたまらない、だが、しっとりしたような・・・。
触れられると痛い旨さに思わず「スタンドも月までブッ飛ぶこの衝撃・・・。ドッピオよ・・・おおドッピオ・・・わたしのかわいいドッピオ・・・。」とつぶやいてしまった。
スパムのミルクスープはぞんざいな子ども手当ての財源確保のために、子育て世帯に課税ほど手軽でおいしくていいね。

よよよい、よよよい、よよよい、よい!めでてぇなぁっ!!

SPAM料理 | 2020/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク