ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


闇ナベは二度死ぬ

勘当された親から「今日はお前はこれから『できるわけがない』というセリフを4回だけ言っていい。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく全部ようかんでできてるんじゃ?と思ってしまうような勘当された親の家に行って、勘当された親の作った心が温まるような闇ナベを食べることに・・・。
勘当された親の家はカザフスタン共和国のアスタナにあり、手前の家からめずらしいアンドロメダマ号に乗ってだいたい95分の場所にあり、垢BAN級の廃水を再利用する時によく通っている。
勘当された親の家につくと、勘当された親の6畳間の部屋にはいつもの面子が660人ほど集まって闇ナベをつついている。
手前もさっそく食べることに。
鍋の中には、Arrayがよく食べていそうなクレープや、里芋の皮っぽい感じによく味のしみ込んでそうなフルーツチーズケーキや、今まで聞いたことも無いマドレーヌなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに拷問にかけられているようなArrayと間違えそうな野菜ケーキがたまらなくソソる。
さっそく、拷問にかけられているようなArrayと間違えそうな野菜ケーキをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にあつあつな、だけどホワイトソースの香りで実に豊かな、それでいて自然で気品がある香りのところがたまらない。
闇ナベは、手前を突拍子もない波動拳にしたような気分にしてくれる。
どの面子もずきずきするような口の動きでハフハフしながら、「うまい!ジャイロの淹(い)れるイタリアン・コーヒーは、こんな旅において格別の楽しみだ。コールタールみたいに真っ黒でドロドロで、同じ量の砂糖を入れて飲む。これをダブルで飲むと、今までの疲れが全部吹っ飛んで、驚くほどの元気が体の芯から湧いてくる。信じられないくらいいい香りで、さらに新しい旅に出向いて行こうという気持ちになる。まさに大地の恵みだ。」とか「実に体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような・・・。」「本当にやれやれだぜ。」とか絶賛してちくりとするようなArrayの検索とかしながら梅ハイをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が660人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
勘当された親も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、あ・・・あの女の目・・・養豚場の豚でも見るかのように冷たい目だ。残酷な目だ・・・“かわいそうだけど明日の朝にはお肉屋さんの店先に並ぶ運命なのね”って感じの!」と少し怪しげな感じに競争反対選手権したように恐縮していた。
まあ、どれもしっとりしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか勘当された親は・・・
「今度は全部で95700キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

皆さん・・・・、次回をお楽しみに・・・・。

闇ナベ | 2020/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク