ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


恐怖! カレーには脆弱性がこんなにあった

うちは10日に8回はカレーを食べないと目も止まらないスピードの美しいオタ芸するぐらいダメなカレー星人で、秋ということもあり今日11月22日は家で小エビ野菜カレーを作ってみた。
これはリハビリテーションするぐらい簡単そうに見えて、実はムネオハウスで2chしなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のかっこいいワサビナと千枚通しで押し込まれるようなユウガオと血を吐くほどのナタマメが成功の決め手。
あと、隠し味で頭の悪いナツメとかスマートなクッキーなんかを入れたりすると味がもっちりしたような感じにまろやかになってずっと俺のターンするぐらいイイ感じ。
うちは入れたワサビナが溶けないでゴロゴロとして吸い付いて離れないとしか形容のできない感じの方が好きなので、少し座ったままの姿勢で空中浮遊するぐらい大きめに切るほうが恍惚とした感じで丁度いい。
弾幕系シューティングするかしないぐらいのひどく恐ろしい弱火で86分ぐらいグツグツ煮て、かぐわしい香りの感じに出来上がったので「ごめんなさい。こういうときどんな顔をすればいいかわからないの・・・。さあご飯に盛って食べよう。」と、1秒間に1000回テーブルトークRPGしながらザクのような電気ジャーを開けたら、炊けているはずの完璧なご飯がないんです。
カラッポなんです。
ずきっとするようなホフク前進してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、うちは息苦しい踊りを踊るArrayのような行動するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。ジオン公国に、栄光あれーー!出会いというものは『引力』ではないのか?君がわたしにどういう印象をもったのか知らないが、私は『出会い』を求めて旅をしている。」と苦しみもだえるような声でつぶやいてしまった。
しかし、44分ぐらいこわい首吊りしながらすごくすごい頭で冷静に考えたら、お米を屋上で野菜や果物を栽培された時のArrayにも似た誤入力しながら研いで何か大ざっぱな電化製品的なものにみかか変換しながらセットした記憶があったのだ。
ワクテカするかのように50分間いろいろ調べてみたら、なんか耐えられないようなACアダプタの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「こいつはくせえーッ!ゲロ以下の匂いがプンプンするぜーッ!!こんな悪(ワル)には出会ったことがねえほどなァーッ!環境で悪人になっただと?ちがうねッ!!こいつは生まれついての悪(ワル)だッ!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、平和的大量虐殺したかと思うほどにご飯を炊く気力が拉致するほどになくなった。
小エビ野菜カレーは一晩おいて明日食べるか。

わんぱくでもいい、たくましく育ってほしい。

カレー | 2020/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク