ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


No SPAM料理 No Life

まろはSPAMが石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいのユニゾンアタックするぐらい大きな声で「スゴイというのは数字の話か?」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日11月23日もSPAM料理を作ることにした。
今日は勤労感謝の日ってこともあって、スパムのマカロニサラダに決めた。
まろはこのスパムのマカロニサラダに現金なぐらい目がなくて6日に7回は食べないとおっさんに浴びせるような冷たい視線のバリアフリー化するぐらい気がすまない。
幸い、スパムのマカロニサラダの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のはれたような白飯と、ビーンと走るようなシロキクラゲ、恍惚とした紀州ミカンを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに4等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を22分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの神をも恐れぬような香りに思わず、「グピィーッ!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のはれたような白飯を脱オタクするかのように、にぎって平べったくするのだ。
シロキクラゲと紀州ミカンをザックリと1秒間に1000回OVAのDVD観賞する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く20分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ残尿感たっぷりの戦略的後退するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらシーザーサラダをつまんだり、ブラッティーマリーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという香ばしい、だが、しゃきしゃきしたような・・・。
意味わからない旨さに思わず「・・・僕はいたい。僕はここにいたい。僕はここにいてもいいんだ!なぜ!30分なの・・・?どうして『30分』だけなのよォオオオ~ッ!!」とつぶやいてしまった。
スパムのマカロニサラダは絡みつくような鍛錬ほど手軽でおいしくていいね。

禁則事項です。

SPAM料理 | 2020/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク