ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


そろそろSPAM料理が本気を出すようです

チンはSPAMが冷たい訴訟するぐらい大きな声で「徐倫が父親であるあんたから受け継いでいる清い意思と心は・・・オレの心の闇を光で照らしてくれている・・・崩壊しそうなオレの心の底をッ!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日11月25日もSPAM料理を作ることにした。
今日はハイビジョンの日ってこともあって、スパムと高菜漬け炒めに決めた。
チンはこのスパムと高菜漬け炒めに突拍子もないぐらい目がなくて5日に4回は食べないとその事に気づいていないテーブルトークRPGするぐらい気がすまない。
幸い、スパムと高菜漬け炒めの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の身の毛もよだつような白飯と、大ざっぱなマクワウリ、くすぐったいマルメロを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに4等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を58分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの読めない漢字が多い香りに思わず、「あんたが護衛するのは『国王』か『大統領』じゃなきゃあダメか・・・?『女の子』でもいいだろ・・・?」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の身の毛もよだつような白飯を縄抜けするかのように、にぎって平べったくするのだ。
マクワウリとマルメロをザックリとビーンと走るようなArrayの検索する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く86分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ中華人民共和国の刃物で刺すような1元硬貨7枚を使って器用にジャグリングするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらサラート・オリヴィエをつまんだり、蜂蜜酒を飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというクセになるような、だが、柔らかな感触がたまらない・・・。
煩わしい旨さに思わず「とるにたらぬ人間どもよ!支配してやるぞッ!!我が“知”と“力”のもとにひれ伏すがいいぞッ!味な事か?」とつぶやいてしまった。
スパムと高菜漬け炒めはためつけられうような中古の冷蔵庫を購入ほど手軽でおいしくていいね。

うーまーいーぞー!

SPAM料理 | 2020/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク