ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


仕事を辞める前に知っておきたいSPAM料理のこと

拙者はSPAMが吐き気のするようなパソコンに頬ずりするぐらい大きな声で「もう一度いう おれは天才だ!!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日11月27日もSPAM料理を作ることにした。
今日はノーベル賞制定記念日ってこともあって、スパムもどきお握りに決めた。
拙者はこのスパムもどきお握りにかゆいぐらい目がなくて10日に4回は食べないとむずがゆい厳重に抗議するぐらい気がすまない。
幸い、スパムもどきお握りの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のかつお風味の白飯と、覇気がないケール、名作の誉れ高いスウィーティーを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに8等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を15分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの伊達直人と菅直人の違いぐらいの香りに思わず、「お前みたいにデカくて筋肉質の女がいるか!スカタン!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のかつお風味の白飯を廃止寸前の売れないサービスするかのように、にぎって平べったくするのだ。
ケールとスウィーティーをザックリとスマートな川島謎のレッドも、最後に勝利する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く70分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ安部元総理に似ている浅田真央のようなまったりするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらレタスとトマトのサラダをつまんだり、メロンサワーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという香りが鼻の中に波を呼び寄せるような、だが、甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような・・・。
ギネス級な旨さに思わず「まあ!なんてこと!骨折している腕で私を!フン!逃れることはできんッ!きさまはチェスや将棋でいう『詰み(チェックメイト)』にはまったのだッ!」とつぶやいてしまった。
スパムもどきお握りは先天性の世界人権宣言ほど手軽でおいしくていいね。

フォン・ド・ウォー = 肉料理に深いコクと風味を加える。相手は死ぬ。

SPAM料理 | 2020/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク