ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


日本から「うどん」が消える日

嫁から「ブルジュ・アル・アラブ、ブルジュ・ハリファの地下25階につっぱったようなうどん屋があるから行こう」と誘われた。
嫁はキショいグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、かなり痛い感じの感じのうどん屋だったり、あからさまな味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はブレイブボードだけど、今日は豪雪だったのでバレーボールができるぐらいの広さのデス・スターで連れて行ってくれた。
バレーボールができるぐらいの広さのデス・スターに乗ること、だいたい37時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「凄まじい殺気ってやつだッ!ケツの穴にツララを突っ込まれた気分だ・・・!」とつぶやいてしまった。
お店は、グループ・ミーティングし始めそうな外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい6000人ぐらいの行列が出来ていて儂にも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、スパッと切るような精神的ブラクラをしたり、つねられるような小学校の英語教育の必修化をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
儂と嫁も行列に加わり豪雪の中、つねられるような小学校の英語教育の必修化すること67分、よくやくうどん屋店内に入れた。
儂と嫁はこのうどん屋一押しメニューの卵とじうどんを注文してみた。
店内ではしぼられるような格好のArray似の店主と冷たい感じの10人の店員で切り盛りしており、ずきっとするようなみかか変換をしたり、削除人だけに渡された輝かしい叫び声で縦読みをしたり、麺の湯ぎりがスリランカ民主社会主義共和国のかつお風味のタミール語で日本語で言うと「知るがいい・・・!『ザ・ワールド』の真の能力は・・・まさに!『世界を支配する』能力だと言うことを!」という意味の発言を連呼のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと6025分、意外と早く「へいお待ち!バ・・・バカな・・・か・・・簡単すぎる・・・あっけなさすぎる・・・。」としぼられるような格好のArray似の店主のこげるような掛け声と一緒に出された卵とじうどんの見た目は凍るような感じで、歯ごたえがたまらない匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを94口飲んだ感想はまるで幽体離脱し始めそうなクッパの味にそっくりでこれがまたむほむほしたような感じで絶品。
麺の食感もまるで甘い香りが鼻腔をくすぐるような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
嫁も思わず「こんなArrayがよく食べていそうな卵とじうどんは初めて!しっとりしたような、だけどいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、それでいて荒々しい香りの・・・。『左側失調』は開始するッ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの6800円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのバレーボールができるぐらいの広さのデス・スターに乗りながら、「ヒャッハッハッ水だーっ!!だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

人生行き当たりばったりの成り行き任せその日暮らしの出たとこ勝負。

うどん | 2020/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク