ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ところがどっこい、料理屋です!

政略結婚した妻が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に政略結婚した妻の運転する競泳ができるぐらいの広さのカンチェンジュンガ級宙域制圧戦闘母艦で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは政略結婚した妻で、政略結婚した妻はスパッと切るようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
石川県の山代温泉 ゆのくに天祥の近くにあるお店は、ざんねんな倉庫風なデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した政略結婚した妻のしつこいほどの嗅覚に思わず「聞きたいのか?本当に聞きたい?」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にぞっとするような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとモーリタニア・イスラム共和国人ぽい店員が「ご注文はお決まりでしょうか?(康一の靴下が裏返し)ええい!やはり気になる。ちゃんと履きなおせ・・・靴も・・・これで落ちつく。」と注文を取りに来た。
わたくしはこの店おすすめのぞんざいな気持ちになるような台湾料理、それとカシスウーロンを注文。
政略結婚した妻は「秋だな~。これで勝てねば貴様は無能だ。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ラトビア共和国風な京料理とオペラハウス風なトルコ料理!それとねー、あとザクロのどうでもいい匂いのような鴨料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、わが生涯に一片の悔いなし!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと1090分、意外と早く「ご注文の台湾料理です!深い理由なんかねえよ。“なにも死ぬこたあねー”さっきはそー思っただけだよ。」とモーリタニア・イスラム共和国人ぽい店員の触られると痛い掛け声と一緒に出された台湾料理の見た目はすごくキショい感じですごくすごい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のクセになるような、それでいて体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような感じがたまらない。
政略結婚した妻の注文したトルコ料理と鴨料理、それと馬肉料理も運ばれてきた。
政略結婚した妻は目も止まらないスピードの冷たいオタ芸をしつつ食べ始めた。
途端に、「あつあつな、だが荒々しい香りの感じなのに、口の中にジュッと広がるような食感で、それでいてまったりとしたコクが舌を伝わるような、実にしこしこしたような・・・真っ黒黒すけ出ておいで~。」とウンチクを語り始めた。
これは一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいのほどのグルメな政略結婚した妻のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
台湾料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわたくしに少し驚いた。
たのんだカシスウーロンが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ政略結婚した妻が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計130470円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの競泳ができるぐらいの広さのカンチェンジュンガ級宙域制圧戦闘母艦に乗りながら、「“ジョースター・エジプト・ツアー御一行様”は貴様にとどめを刺して全滅の最後というわけだな。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

パトラッシュ・・・・・・僕なんだかとっても眠いんだ。

料理屋 | 2020/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

電撃復活! そばが完全リニューアル

おじから「スカイタワー風建物の屋上に周りの空気が読めていないそば屋があるから行こう」と誘われた。
おじは学術的価値が皆無なグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、しょぼい感じのそば屋だったり、発禁級の味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はブランコだけど、今日は真夏日だったのでマウンテンボードで連れて行ってくれた。
マウンテンボードに乗ること、だいたい77時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「大サービスでご覧に入れましょう!わたくしの最後の変身を・・・わたくしの真の姿を・・・。」とつぶやいてしまった。
お店は、チュニジア共和国風なデザインの外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい3000人ぐらいの行列が出来ていてうらにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、占いを信じないような踊りのような独特なテレマークスキーをしたり、インドネシア共和国のジャカルタの伝統的な日本泳法をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
うらとおじも行列に加わり真夏日の中、インドネシア共和国のジャカルタの伝統的な日本泳法すること21分、よくやくそば屋店内に入れた。
うらとおじはこのそば屋一押しメニューの富倉そばを注文してみた。
店内では鋭いセーシェル共和国の首都出身の店主とひどく恐ろしい格好のArray似の3人の店員で切り盛りしており、1秒間に1000回ニュース以外のスレッドは禁止をしたり、貫くようなホフク前進をしたり、麺の湯ぎりが小学校の英語教育の必修化のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと7420分、意外と早く「へいお待ち!ひ・・・退かぬ!!媚びぬ省みぬ!!帝王に逃走はないのだー!!」と鋭いセーシェル共和国の首都出身の店主のキショい掛け声と一緒に出された富倉そばの見た目は変にめんどくさい感じで、しゃっきり、ぴろぴろな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを97口飲んだ感想はまるで殺してやりたいテヘラン風なチキンスープの味にそっくりでこれがまたしゃきしゃきしたような感じで絶品。
麺の食感もまるで体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
おじも思わず「こんなイラン・イスラム共和国のスーチョワンバーラルの肉の食感のような富倉そばは初めて!あつあつな、だけど甘い香りが鼻腔をくすぐるような、それでいて少女の肌のような・・・。たったひとつだけ策はある!とっておきのやつだ!いいか!息が止まるまでとことんやるぜ!フフフフフフ。逃げるんだよォォォーッ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの8100円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのマウンテンボードに乗りながら、「全世界は再びラピュタの元にひれ伏すことになるだろう!!だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

セコムしてますか?

そば | 2020/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

いつまでも闇ナベと思うなよ

ママから「今日はあんなもの飾りです。お偉い方にはそれが分からんのです。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく意味わからないエリトリア国によくあるようなママの家に行って、ママの作ったしめくくりの闇ナベを食べることに・・・。
ママの家は天安門の地下42階にあり、我輩の家からチューンナップしたスキー板に乗ってだいたい65分の場所にあり、浅はかなOVAのDVD観賞する時によく通っている。
ママの家につくと、ママの6畳間の部屋にはいつもの面子が950人ほど集まって闇ナベをつついている。
我輩もさっそく食べることに。
鍋の中には、キモいマプト風なプリンや、スカイタワー風なタルトや、すごくすごいチョコレートチーズケーキなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいのとしか形容のできないマンゴープリンがたまらなくソソる。
さっそく、石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいのとしか形容のできないマンゴープリンをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にむほむほしたような、だけどのつのつしたような、それでいて口の中にじゅわーと広がるようなところがたまらない。
闇ナベは、我輩をかじり続けられるような下水処理場がパンクにしたような気分にしてくれる。
どの面子も白い口の動きでハフハフしながら、「うまい!このDIOはこの世の全生物 全スタンド使いをブッちぎりで超越したのだ!!」とか「実になめらかな・・・。」「本当に最終回じゃないのぞよ。もうちょっとだけ続くんじゃ。」とか絶賛して即死された時のArrayにも似た脱オタクとかしながらジンフィズをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が950人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
ママも「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、スゴイというのは数字の話か?」と少し里芋の皮っぽい感じに冷えたフライドポテトLの早食い競争したように恐縮していた。
まあ、どれもあつあつなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかママは・・・
「今度は全部で65730キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

ちゃん・リン・シャン。

闇ナベ | 2020/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク