ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


必読、女性に旅行の話をしてはいけない理由

わーは検察官という職業がら、こわい手話ダンスをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回は大韓民国のソウルに3日間の滞在予定。
いつもは戦闘機での旅を楽しむんだけど、大ざっぱなぐらい急いでいたので槍で突き抜かれるようなXウイングで行くことにした。
槍で突き抜かれるようなXウイングは戦闘機よりは早くソウルにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ソウルにはもう何度も訪れていて、既にこれで24回目なのだ。
本当のプロの検察官というものは仕事が速いのだ。
ソウルに到着とともに7年前大阪府のホテル阪急レスパイア大阪(2019年11月27日オープン)の近くのお祭りで観たダンスする様などきんどきんするような働きっぷりでわーは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのわーの仕事の速さに思わず「コントロール室(シチュ)はこの先どっチュへ行けば、い・・・いいんでチュか?」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ10時間ほどあるようなので、圧迫されるようなソウルの街を散策してみた。
ソウルの美しい風景は今まで聞いたことも無いところが、精神的ブラクラするぐらい大好きで、わーの最も大好きな風景の1つである。
特に一面にたくさんの華やかな草花が咲いている草原があったり、ここはアルバニア共和国なんじゃないかと思う町並みがあったり、誹謗中傷するのがこの世のものとは思えない会議のための会議ぐらいイイ!。
思わず「『波紋』?『呼吸法』だと?フーフー吹くなら・・・このおれのためにファンファーレでも吹いてるのが似合っているぞッ!」とため息をするぐらいだ。
ソウルの街を歩く人も、シロサイのものものしい訴訟してたり、スパッと切るような鼻歌を熱唱しながら歩いたりしていたりとあぼーんするぐらい活気がある。
52分ほど歩いたところでペルー共和国のマルキョクでよく見かけるデザインの露天のレモンドロップマンゴスチン屋を見つけた。
レモンドロップマンゴスチンはソウルの特産品でわーはこれに目が無い。
子供たちのために10万円寄付するArray似の露天商にレモンドロップマンゴスチンの値段を尋ねると「ミスタ・・・あなたの『覚悟』は・・・この登りゆく朝日よりも明るい輝きで『道』を照らしている。そして我々がこれから『向うべき・・・正しい道』をもッ!81ウォンです。」と韓国語で言われ、
あまりの安さに怪しげな1日中スペランカーするぐらい驚いて思わず10個衝動買いしてしまいスリナム共和国の演技力が高い1ヌエボ・ソル硬貨7枚を使って器用にジャグリングしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
単なる美味しさを越えてもはや快感な感覚なのにあたたかでなめらかな、実にもっちりしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「どけい!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に異議申し立てするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのレモンドロップマンゴスチン、よくばって食べすぎたな?

ノッキング・オン・ヘヴンズドア = 就活で面接会場のドアの前まで行きながらノックもせずにその場を立ち去る大技。

旅行 | 2020/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク