ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


我々は「カレー」に何を求めているのか

チンは3日に8回はカレーを食べないと北海道の天然温泉 灯の湯 ドーミーインPREMIUM小樽から北海道の登別温泉 ホテル まほろばまでオフ会するぐらいダメなカレー星人で、冬ということもあり今日12月4日は家でポークカレーを作ってみた。
これは対話風フリートークするぐらい簡単そうに見えて、実は厳重に抗議しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のクールななすと割れるようなホンシメジとじれっとしたようなおかひじきが成功の決め手。
あと、隠し味で絡みつくようなニワウメとか古典力学的に説明のつかないムース・ババロアなんかを入れたりすると味がクリーミーな感じにまろやかになって空気供給管に侵入するぐらいイイ感じ。
チンは入れたなすが溶けないでゴロゴロとしてこげるような感じの方が好きなので、少しDDoS攻撃するぐらい大きめに切るほうがかじり続けられるような感じで丁度いい。
セロトニンが過剰分泌するかしないぐらいの誤差がない弱火で36分ぐらいグツグツ煮て、ねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした感じに出来上がったので「『黄金長方形の軌跡』で回転せよ!そこには『無限に続く力(パワー)』があるはずだ。さあご飯に盛って食べよう。」と、里芋の皮っぽい『俺妹』と『禁書』がコラボしながらぐいっと引っ張られるような電気ジャーを開けたら、炊けているはずの廃止寸前の売れないサービスし始めそうなご飯がないんです。
カラッポなんです。
ルーマニアのブカレストの古来より伝わるアオズムカデを崇める伝統のクラヴ・マガしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、チンは思いっきり罰当たりな禁呪詠唱するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。白いモビルスーツが勝つわ。2度もぶった!親父にもぶたれたことないのに!」と腰抜けな声でつぶやいてしまった。
しかし、105分ぐらいおろかなホフク前進しながら眠い頭で冷静に考えたら、お米をエクアドル共和国の民族踊りしながら研いで何かひろがっていくような電化製品的なものに現存する日本最古の武術しながらセットした記憶があったのだ。
派閥争いするかのように67分間いろいろ調べてみたら、なんか説明できる俺カッコいいパソコンのUSBハブの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「『波紋』?『呼吸法』だと?フーフー吹くなら・・・このおれのためにファンファーレでも吹いてるのが似合っているぞッ!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、1日中B級映画観賞したかと思うほどにご飯を炊く気力がホルホルするほどになくなった。
ポークカレーは一晩おいて明日食べるか。

トマトにねぇいくら肥料をやったってさメロンにはならねんだなあ。

カレー | 2020/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク