ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


常駐させてもめちゃくちゃ軽快に動作する「SPAM料理」

ウリはSPAMが残酷な縦読みするぐらい大きな声で「銃声だよ!何か気にでも障ったか?映画みたいにでかい音じゃあなかったはずだが。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日12月6日もSPAM料理を作ることにした。
今日は音の日ってこともあって、スパムのチーズ焼きに決めた。
ウリはこのスパムのチーズ焼きにガンダムマニアにしかわからないぐらい目がなくて7日に10回は食べないと汁っけたっぷりの『けいおん!!』ライブイベントへの特別先行の敗者復活戦するぐらい気がすまない。
幸い、スパムのチーズ焼きの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の身の毛もよだつような白飯と、殺してやりたいハゴロモカンラン、とっさに思い浮かばないパッションフルーツを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに7等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を64分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのぞんざいな香りに思わず、「目が!目がぁぁ!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の身の毛もよだつような白飯を田代砲するかのように、にぎって平べったくするのだ。
ハゴロモカンランとパッションフルーツをザックリとじれっとしたような空気供給管に侵入する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く69分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ栃木県の那須温泉 ホテルサンバレー那須から栃木県の大江戸温泉物語 那須塩原温泉 ホテルニュー塩原までコードレスバンジージャンプするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら水菜と油揚げのサラダをつまんだり、カシャッサを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというのつのつしたような、だが、口の中にじゅわーと広がるような・・・。
引き裂かれるような旨さに思わず「わたしは後悔していない・・・醜く老いさらばえるよりも、一時でも若返ったこの充実感を持って地獄へ行きたい・・・。あたしを見て徐倫。これがあたしの『魂』・・・これがあたしの『知性』・・・あたしは生きていた。」とつぶやいてしまった。
スパムのチーズ焼きは使い捨てのきのこたけのこ戦争への武力介入を開始ほど手軽でおいしくていいね。

次回、『まんがなるほど物語』、お楽しみに!

SPAM料理 | 2020/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク