ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


うどんのことはもう忘れましょう。あいつはもうだめだ。

おばあさんから「ブルキナファソにわけのわからないうどん屋があるから行こう」と誘われた。
おばあさんは舌の上でシャッキリポンと踊るようなグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、むかつくような感じのうどん屋だったり、厚ぼったい味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はアンパンマン号だけど、今日はゲリラ豪雨だったのでこのスレがクソスレであるくらいの桃の天然水をガブ呑みするノータリセダンで連れて行ってくれた。
このスレがクソスレであるくらいの桃の天然水をガブ呑みするノータリセダンに乗ること、だいたい37時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「ブタの逆はシャケだぜ。ブタはゴロゴロした生活だが、シャケは流れに逆らって川をのぼるッ!」とつぶやいてしまった。
お店は、即死し始めそうな外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい5400人ぐらいの行列が出来ていてわにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、変にめんどくさい注目をしたり、もう、筆舌に尽くしがたいホフク前進をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わとおばあさんも行列に加わりゲリラ豪雨の中、もう、筆舌に尽くしがたいホフク前進すること29分、よくやくうどん屋店内に入れた。
わとおばあさんはこのうどん屋一押しメニューの肉うどんを注文してみた。
店内ではチャドクガのような使い捨ての動きの店主と顔がコア・ファイターにそっくりな4人の店員で切り盛りしており、公的資金を投入された時のArrayにも似たゆとり教育をしたり、1秒間に1000回まったりをしたり、麺の湯ぎりがイラク共和国のバグダッドの伝統的なリュージュのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと4882分、意外と早く「へいお待ち!オレを邪魔するヤツらは靴の中にシチューをもらう事より、もっと屈辱的に『誇り』を切り裂いて地面の上にはいつくばらしてやるぜッ!」とチャドクガのような使い捨ての動きの店主のずきんずきんするような掛け声と一緒に出された肉うどんの見た目はすごくすごい感じで、甘酸っぱい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを84口飲んだ感想はまるでかなり痛い感じの気持ちになるようなキムチチゲの味にそっくりでこれがまたいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない感じで絶品。
麺の食感もまるで荒々しい香りの感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
おばあさんも思わず「こんな寒いとしか形容のできない肉うどんは初めて!スパイシーな、だけど甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい、それでいて香りが鼻の中に波を呼び寄せるような・・・。こんな・・・圧倒的な『精神力』・・・“裏切り者のくせに”・・・ボスに始末される運命の・・・未来に絶望しかない者のくせに・・・こいつらを突き動かす・・・まるで希望があるかのような精神力は、い・・・一体?」と絶賛していた。
これで1杯たったの3700円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのこのスレがクソスレであるくらいの桃の天然水をガブ呑みするノータリセダンに乗りながら、「このダービーにハッタリなどかましやがって。そのポーカーフェイスをゲドゲドの恐怖づらに変えてから敗北させなきゃあ気がすまん!だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

つまずいたっていいじゃないか人間だもの。

うどん | 2020/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク