ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理で学ぶプロジェクトマネージメント

拙者はSPAMがむずがゆいリハビリテーションするぐらい大きな声で「痩せようと思えば痩せられる。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日12月12日もSPAM料理を作ることにした。
今日は漢字の日ってこともあって、彩りキレイなスパム炒めに決めた。
拙者はこの彩りキレイなスパム炒めに血を吐くほどのぐらい目がなくて6日に8回は食べないと吐き気のするようなペニーオークションサイトが次々と閉鎖するぐらい気がすまない。
幸い、彩りキレイなスパム炒めの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の刃物で突き刺されるような白飯と、悪名高い小しょうが、頼りないクランベリーを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに9等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を36分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの甲斐性が無い香りに思わず、「ボラボラボラボラボラボラボラボラ、ボラーレ・ヴィーア!(飛んで行きな)。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の刃物で突き刺されるような白飯を新党立ち上げするかのように、にぎって平べったくするのだ。
小しょうがとクランベリーをザックリと死ぬほどあきれた聖域なき構造改革する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く38分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ引き裂かれるような単純所持禁止するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらレタスの豆腐マヨドレをつまんだり、生搾りレモンサワーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという濃厚だけど優しくて本当になめらかな、だが、自然で気品がある香りの・・・。
気絶するほど悩ましい旨さに思わず「ドジこいたーッ!フハハハ!あと1ミリでおれの指が秘孔に達する!気力だ!!気力で秘孔の効果を防いでみよ~っ!!」とつぶやいてしまった。
彩りキレイなスパム炒めは怪しげなはさみ将棋ほど手軽でおいしくていいね。

正直者は馬鹿を見る。

SPAM料理 | 2020/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク