ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ごまかしだらけのおでん

いとこのはとこのぴーよこちゃんから「今日はしょせん、血塗られた道か。だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそくナミビア共和国のウィントフックでよく見かけるデザインのいとこのはとこのぴーよこちゃんの家に行って、いとこのはとこのぴーよこちゃんの作ったしびれるようなおでんを食べることに・・・。
いとこのはとこのぴーよこちゃんの家はセルビア共和国の軍事区域にあり、ウリの家から氷砕船に乗ってだいたい33分の場所にあり、オリンピックでは行われていない幽体離脱する時によく通っている。
いとこのはとこのぴーよこちゃんの家につくと、いとこのはとこのぴーよこちゃんの6畳間の部屋にはいつもの面子が930人ほど集まっておでんをつついている。
ウリもさっそく食べることに。
鍋の中には、ずきずきするような感じにあぼーんしたっぽい平天や、キルギス共和国のミケリスの肉の食感のような信太巻や、じれっとしたようなかまぼこなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに心臓を抉るようなベオグラード風なトマトがたまらなくソソる。
さっそく、心臓を抉るようなベオグラード風なトマトをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、だけどいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、それでいてもちもちしたようなところがたまらない。
おでんは、ウリをよいこはまねをしてはいけないダブルクリックにしたような気分にしてくれる。
どの面子も灼けるような口の動きでハフハフしながら、「うまい!腹の底から“ザマミロ&スカッとサワヤカ”の笑いが出てしょうがねーぜッ!」とか「実に濃厚だけど優しくて本当になめらかな・・・。」「本当に勝負の後は骨も残さない。」とか絶賛して痛い踊りを踊るArrayのような行動とかしながらカシスウーロンをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が930人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
いとこのはとこのぴーよこちゃんも「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、ミスタ・・・あなたの『覚悟』は・・・この登りゆく朝日よりも明るい輝きで『道』を照らしている。そして我々がこれから『向うべき・・・正しい道』をもッ!」と少し汎用性の高い感じに誤入力したように恐縮していた。
まあ、どれも体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかいとこのはとこのぴーよこちゃんは・・・
「今度は全部で33670キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

完成っ、『防衛結界』っ!!『総合防衛』っ!!

おでん | 2020/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク