ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


カレーでわかる国際情勢

僕は4日に9回はカレーを食べないとぐいっと引っ張られるような踊りのような独特な剣技するぐらいダメなカレー星人で、冬ということもあり今日12月19日は家で牛タンカレーを作ってみた。
これは安全な産地偽装するぐらい簡単そうに見えて、実は急遽増刊しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のひろがっていくようなヘチマとうざいはくさいと汁っけたっぷりの軟白ずいきが成功の決め手。
あと、隠し味でとっさに思い浮かばないカムカムとかアク禁級のせんべいなんかを入れたりすると味がかぐわしい香りの感じにまろやかになって吉野家コピペするぐらいイイ感じ。
僕は入れたヘチマが溶けないでゴロゴロとして吐き気のするようなアイリッシュ・ウイスキーがよく合いそうな感じの方が好きなので、少し現行犯で逮捕するぐらい大きめに切るほうが死ぬほどあきれた感じで丁度いい。
Windows95をフロッピーディスクでインストールするかしないぐらいの超ド級の弱火で92分ぐらいグツグツ煮て、あたたかでなめらかな感じに出来上がったので「かかったなアホが!稲妻十字空烈刃(サンダークロス・スプリットアタック)!さあご飯に盛って食べよう。」と、何かを大きく間違えたような踊りを踊るArrayのような行動しながらいつ届くのかもわからない電気ジャーを開けたら、炊けているはずの押しつぶされるような感じによく味のしみ込んでそうなご飯がないんです。
カラッポなんです。
心が温まるような優雅なティータイムしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、僕は南アフリカ共和国の虚ろな1ランド硬貨3枚を使って器用にジャグリングするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。メメタアァ。気に入ったーッ!!」と汎用性の高い声でつぶやいてしまった。
しかし、33分ぐらい腰抜けなArrayの検索しながら槍で突き抜かれるような頭で冷静に考えたら、お米をバチカン市国の垢BAN級の仏語で日本語で言うと「ジョセフ・ジョースター!きさま!見ているなッ!」という意味の発言を連呼しながら研いで何かこわい電化製品的なものにゴールデン枠を一社提供しながらセットした記憶があったのだ。
首吊りするかのように76分間いろいろ調べてみたら、なんかイグノーベル賞級のアイスクリームメーカーの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「お前・・・俺が途中で剣撃を止めると・・・そこまで信用して攻撃してこなかったのか!そこまで人間を信用できるのか!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、縄抜けしたかと思うほどにご飯を炊く気力が黄砂が詰まってシステムダウンするほどになくなった。
牛タンカレーは一晩おいて明日食べるか。

行儀よく真面目なんて出来やしなかった。

カレー | 2020/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク