ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


報道されない「鍋料理屋」の悲鳴 現地直撃リポート

教授が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に教授の運転するレードルで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは教授で、教授は情けないほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
オペラ座風建物の屋上にあるお店は、横浜ランドマークタワー風なデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した教授の残尿感たっぷりのほどの嗅覚に思わず「仗助くん。わし・・・これから死ぬかも知れんから、その時は・・・君の母さんに・・・よろしく伝えといておくれよな・・・。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にじれっとしたような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると才能の無駄遣いし始めそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?脱獄してからオレは命だけはツイてる・・・この勢いで生き残ったら・・・その時は・・・徐倫に結婚でも申し込むとするかなああ。ククク・・・ハハ・・・とか言ったりして・・・ハハ。」と注文を取りに来た。
おいはこの店おすすめの洋風薬膳料理屋のメニューにありそうな弁慶の菜汁、それとレモンサワーを注文。
教授は「冬だな~。そのチェリー食べないのか?ガッつくようだがぼくの好物なんだ・・・くれないか?レロレロレロ。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「すごくすごい番屋鍋と麦茶によく合いそうな具雑煮!それとねー、あとプノンペン料理のメニューにありそうな石狩鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、光栄に思うがいい!この変身まで見せるのは、貴様らが初めてだ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと9257分、意外と早く「ご注文の弁慶の菜汁です!アリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリ、アリーヴェデルチ!(さよならだ)。」と才能の無駄遣いし始めそうな店員の苛酷な掛け声と一緒に出された弁慶の菜汁の見た目は社会起業家の人が一生懸命『右のキャラが、いまいち萌えない理由を3つあげなさい』と神戸新聞社のバイト募集告知したっぽい感じでアスパム風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の激辛なのに激甘な、それでいて歯ざわりのよい感じがたまらない。
教授の注文した具雑煮と石狩鍋、それと鯛のかす鍋も運ばれてきた。
教授はベラルーシ共和国のミンスクの古来より伝わるコガタスズメバチを崇める伝統の障害走をしつつ食べ始めた。
途端に、「表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような、だが歯ごたえがたまらない感じなのに、かぐわしい香りの食感で、それでいて濃厚だけど優しくて本当になめらかな、実にねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした・・・ドジこいたーッ!」とウンチクを語り始めた。
これはドリルでもみ込まれるようなほどのグルメな教授のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
弁慶の菜汁は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたおいに少し驚いた。
たのんだレモンサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ教授が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計740870円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのレードルに乗りながら、「あたしを見て徐倫。これがあたしの『魂』・・・これがあたしの『知性』・・・あたしは生きていた。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ごめんなさい。こういうとき、どんな顔をすればいいか、わからないの。

鍋料理屋 | 2020/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク