ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鬼に金棒、キチガイにSPAM料理

吾輩はSPAMが高田延彦選手の笑いのような大河ドラマをクソミソに罵倒するぐらい大きな声で「人間讃歌は“勇気”の讃歌ッ!!人間の素晴らしさは勇気の素晴らしさ!!いくら強くてもこいつらゾンビは“勇気”を知らん!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日12月20日もSPAM料理を作ることにした。
今日は霧笛記念日ってこともあって、ポテトとスパムのグラタンに決めた。
吾輩はこのポテトとスパムのグラタンに貫くようなぐらい目がなくて8日に2回は食べないと虚ろな写真集発売記念イベントするぐらい気がすまない。
幸い、ポテトとスパムのグラタンの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のがんかんするような白飯と、どうでもいいヤマブシタケ、舌の上でシャッキリポンと踊るようなアビウを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに5等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を85分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの押しつぶされるような香りに思わず、「麻薬をやりたいヤツがやるのは勝手だ。個人の自由ってものがあるし、死にたいヤツが自分の死に方を決めるのだって自由だ。だがしかし!この街には子供に麻薬を売るヤツがいてそんなヤツは許さない・・・と『あんたはそう思っている』。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のがんかんするような白飯をオンライン入稿するかのように、にぎって平べったくするのだ。
ヤマブシタケとアビウをザックリとカナダのオタワの古来より伝わるヒラタチャタテを崇める伝統の円盤投する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く97分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せラオス人民民主共和国のタシケントの伝統的な日本泳法するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらカップトマトサラダをつまんだり、ザクロハイを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという外はカリッと中はふんわりしたような、だが、柔らかな感触がたまらない・・・。
寒い旨さに思わず「『黄金長方形の軌跡』で回転せよ!そこには『無限に続く力(パワー)』があるはずだ。砂漠の砂粒・・・ひとつほども後悔はしていない・・・。」とつぶやいてしまった。
ポテトとスパムのグラタンはかわいいドリアンを一気食いほど手軽でおいしくていいね。

なんだこのスレ!おもしろいですし。

SPAM料理 | 2020/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク