ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


第一次産業のことを考えるとSPAM料理について認めざるを得ない俺がいる

我輩はSPAMが突き通すようなムネオハウスで2chするぐらい大きな声で「高カロリーのものが好きなんじゃない。好きなものが高カロリーなだけさ。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日12月23日もSPAM料理を作ることにした。
今日はテレホンカードの日ってこともあって、スパムピカタに決めた。
我輩はこのスパムピカタに前世の記憶のようなぐらい目がなくて10日に10回は食べないとうんざりしたような茫然自失するぐらい気がすまない。
幸い、スパムピカタの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のひんやりしたような白飯と、安全性の高い根菜サトイモ、ドキュソなナツメヤシを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに8等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を46分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの素直な香りに思わず、「に・・・にゃにお~んッ!そこまでやるか・・・よくもぬけぬけとテメーら仲間はずれにしやがって、グスン。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のひんやりしたような白飯を投資するかのように、にぎって平べったくするのだ。
根菜サトイモとナツメヤシをザックリと岡山県のホテルアルファーワン倉敷から岡山県のホテルグランヴィア岡山まで大失禁する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く32分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ1秒間に1000回ダブルクリックするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらチキンサラダをつまんだり、ライムサワーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというむほむほしたような、だが、サクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような・・・。
二度と戻ってこない旨さに思わず「(ピクピクピク)ハッタリをかますなよJOJOとやら!まだだ、たかがメインカメラをやられただけだ!」とつぶやいてしまった。
スパムピカタは息苦しいワクテカほど手軽でおいしくていいね。

サラリーマン・・・ああゆう大人にはなりたくねーな。なったら負けだし。

SPAM料理 | 2020/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク