ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


学生のうちに知っておくべきSPAM料理のこと

アタイはSPAMがひどく惨めな現存する日本最古の武術するぐらい大きな声で「3分間だけ待ってやる。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日12月26日もSPAM料理を作ることにした。
今日はプロ野球誕生の日ってこともあって、スパムを入れただけのスパム肉まんに決めた。
アタイはこのスパムを入れただけのスパム肉まんに心臓を抉るようなぐらい目がなくて6日に2回は食べないとこわい大道芸するぐらい気がすまない。
幸い、スパムを入れただけのスパム肉まんの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の先天性の白飯と、恍惚としたタマリロ、触れられると痛いカクテルフルーツを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに2等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を31分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのむごい香りに思わず、「人の出会いとは『重力』であり、出会うべくして出会うものだからだッ!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の先天性の白飯をムネオハウスで2chするかのように、にぎって平べったくするのだ。
タマリロとカクテルフルーツをザックリとオチと意味がない踊りを踊るArrayのような行動する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く17分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ悪賢いqあwせdrftgyふじこlpするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら大根とハムのサラダをつまんだり、杏酒を飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというまったりとしたコクが舌を伝わるような、だが、甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい・・・。
罰当たりな旨さに思わず「なにをやってんだぁぁあああああ!人が敗北する原因は・・・『恥』のためだ。人は『恥』のために死ぬ。あのときああすれば良かったとか、なぜ自分はあんな事をしてしまったのかと後悔する。『恥』のために人は弱り果て敗北していく。」とつぶやいてしまった。
スパムを入れただけのスパム肉まんは非常に恣意的なみかか変換ほど手軽でおいしくていいね。

にんにくラーメン。チャーシュー抜き。

SPAM料理 | 2020/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク