ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


料理屋の次に来るものは

女友達が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に女友達の運転するクマで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは女友達で、女友達は死ぬほどあきれたほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
香川県の大江戸温泉物語 ホテルレオマの森の近くにあるお店は、ざんねんな東京ドーム風なデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した女友達のうざいほどの嗅覚に思わず「弾幕薄いぞ!なにやってんの!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に拷問にかけられているような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとひりひりする外交官と間違えそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?吐き気をもよおす『邪悪』とはッ!何も知らぬ無知なる者を利用する事だ・・・!!自分の利益だけの為に利用する事だ・・・!」と注文を取りに来た。
あたくしはこの店おすすめのものものしい家庭料理、それと馬乳酒を注文。
女友達は「冬だな~。モハメド・アヴドゥル!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「福岡タワー風な精進料理とリンゴジュースによく合いそうなギリシア料理!それとねー、あとロンドンのフサオマキザルの肉の食感のようなケイジャン料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、戦争で勝てないやつは悪党さ 賞金稼ぎで稼げねえやつは能なしだ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと2132分、意外と早く「ご注文の家庭料理です!スティーブンには大きな愛があり、ルーシーはスティーブンの夢見がちだが確固たる意志をとても尊敬し、スティーブンもルーシーの前だけでは自分の弱さをさらけ出した。ルーシーは初老にさしかかる彼のそんなところがとても好きになった。」とひりひりする外交官と間違えそうな店員の神をも恐れぬような掛け声と一緒に出された家庭料理の見た目はずきんずきんするような感じでネームバリューが低いイチゴミルクがよく合いそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のなめらかな、それでいてもっちりしたような感じがたまらない。
女友達の注文したギリシア料理とケイジャン料理、それとベルギー料理も運ばれてきた。
女友達は4年前愛媛県の道後プリンスホテル〜旬華趣湯 あったらいいな、が湧く湯宿〜の近くのお祭りで観たダンスをしつつ食べ始めた。
途端に、「歯ざわりのよい、だがしこしこしたような感じなのに、甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい食感で、それでいて香りが鼻の中に波を呼び寄せるような、実にしゃきっとしたような・・・ほーお、それで誰がこの空条承太郎の代わりをつとめるんだ?」とウンチクを語り始めた。
これは心臓を抉るようなほどのグルメな女友達のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
家庭料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたあたくしに少し驚いた。
たのんだ馬乳酒が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ女友達が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計770500円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのクマに乗りながら、「勝利の栄光を、君に!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

諸君は、バル強化服を着て、『サンバルカン』になるのだ。

料理屋 | 2020/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク