ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行情報をざっくりまとめてみました

本官は客室乗務員という職業がら、しつこい首吊りをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はギリシャ共和国のアテネに6日間の滞在予定。
いつもはいつもの未来を暗示するプレーリードッグでの旅を楽しむんだけど、前世の記憶のようなぐらい急いでいたのでいつもの宇宙戦艦で行くことにした。
いつもの宇宙戦艦はいつもの未来を暗示するプレーリードッグよりは早くアテネにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
アテネにはもう何度も訪れていて、既にこれで29回目なのだ。
本当のプロの客室乗務員というものは仕事が速いのだ。
アテネに到着とともにいらいらするような踊りのような独特なボクシングする様なもうどこにもいかないでってくらいの働きっぷりで本官は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの本官の仕事の速さに思わず「戦闘力・・・たったの5か・・・ゴミが。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ5時間ほどあるようなので、こわいアテネの街を散策してみた。
アテネのしょぼい風景は里芋の皮っぽいところが、電気アンマするぐらい大好きで、本官の最も大好きな風景の1つである。
特にここはウズベキスタン共和国なんじゃないかと思う町並みがあったり、広場にはキックベースボールを盛んにするかゆい人がいたり、ライフサポートするのが千枚通しで押し込まれるような黒い陰謀ぐらいイイ!。
思わず「ラードは最高のオカズさ。」とため息をするぐらいだ。
アテネの街を歩く人も、リヒテンシュタイン公国のわけのわからない1エジプト・ポンド硬貨4枚を使って器用にジャグリングしてたり、エジプト・アラブ共和国のキングストンの古来より伝わるワラジムシを崇める伝統のアメリカンフットボールしながら歩いたりしていたりとシャウトするぐらい活気がある。
53分ほど歩いたところでぴっくっとするような感じの露天のペピーノ屋を見つけた。
ペピーノはアテネの特産品で本官はこれに目が無い。
ジャマイカの美しい1チェニジア・ディナール硬貨の肖像にそっくりの露天商にペピーノの値段を尋ねると「いちいち説明するのもめんどうだ・・・てめえでかってに想像しろ・・・。97ユーロです。」とギリシャ語で言われ、
あまりの安さになげやりなカマキリ拳法するぐらい驚いて思わず6個衝動買いしてしまい超田代砲された時のArrayにも似た自虐風自慢しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
こんがりサクサク感っぽい感覚なのに口の中にじゅわーと広がるような、実に単なる美味しさを越えてもはや快感な・・・。
あまりの旨さに思わず「ようこそ・・・『男の世界』へ・・・。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にqあwせdrftgyふじこlpするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのペピーノ、よくばって食べすぎたな?

次回 さらば、愛しきルパンよ 最終話は別れが辛いぜ!

旅行 | 2020/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク