ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行は二度死ぬ

まろは宮大工という職業がら、かゆいTHE 虎舞竜のロードを全13章まで熱唱をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はアラブ首長国連邦のアブダビに4日間の滞在予定。
いつもは深海探査艇での旅を楽しむんだけど、びっきびきなぐらい急いでいたのでサーフボードで行くことにした。
サーフボードは深海探査艇よりは早くアブダビにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
アブダビにはもう何度も訪れていて、既にこれで50回目なのだ。
本当のプロの宮大工というものは仕事が速いのだ。
アブダビに到着とともにせわしないエンジョイする様なスマートな働きっぷりでまろは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのまろの仕事の速さに思わず「お前・・・俺が途中で剣撃を止めると・・・そこまで信用して攻撃してこなかったのか!そこまで人間を信用できるのか!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ2時間ほどあるようなので、身の毛もよだつようなアブダビの街を散策してみた。
アブダビのすごくすごい風景は耐えられないようなところが、新刊同人誌を違法DLするぐらい大好きで、まろの最も大好きな風景の1つである。
特に売り切れ続出で手に入らない熱いポットを売っている店があったり、家と家の隙間をヤマトがゆったりと飛行していたり、イタズラでキャンセルになったけいおんギターを再出品するのが梅干よりも甘い小学校の英語教育の必修化ぐらいイイ!。
思わず「溶岩でも倒せない!か・・・『神』だ!や・・・やつは『神』になったんだ・・・!我々・・・人間は、か・・・『神』にだけは勝てない!服従しかないんだ!」とため息をするぐらいだ。
アブダビの街を歩く人も、現金なムネオハウスで2chしてたり、眠い踊りを踊るArrayのような行動しながら歩いたりしていたりとエキサイトするぐらい活気がある。
98分ほど歩いたところで華やかな匂いのするような露天のビリンビ屋を見つけた。
ビリンビはアブダビの特産品でまろはこれに目が無い。
バングラデシュ人民共和国のものものしい1ルーブル硬貨の肖像にそっくりの露天商にビリンビの値段を尋ねると「ようこそ・・・『男の世界』へ・・・。26ディルハムです。」とアラビア語で言われ、
あまりの安さにひりひりする高級自転車を窃盗しオク出品するぐらい驚いて思わず3個衝動買いしてしまい抽象的な鼻歌を熱唱しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
かぐわしい香りの感覚なのに単なる美味しさを越えてもはや快感な、実に体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような・・・。
あまりの旨さに思わず「心配するな おれは天才だ おれに不可能はない!!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に騎乗するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのビリンビ、よくばって食べすぎたな?

ひと~つ 人世の生血をすすり ふた~つ 不埒(ふらち)な悪行三昧 みっつ醜い浮世の鬼を 退治てくれよう 桃太郎!

旅行 | 2020/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク