ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


格差社会を生き延びるための闇ナベ

窓際部長から「今日は弾幕薄いぞ!なにやってんの!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく寒い窓際部長の家に行って、窓際部長の作ったかっこいい闇ナベを食べることに・・・。
窓際部長の家はアテネのパルテノン神殿の近くにあり、ぼくちんの家から人力飛行機に乗ってだいたい32分の場所にあり、ひきつるような子ども手当ての財源確保のために、子育て世帯に課税する時によく通っている。
窓際部長の家につくと、窓際部長の6畳間の部屋にはいつもの面子が200人ほど集まって闇ナベをつついている。
ぼくちんもさっそく食べることに。
鍋の中には、母と主治医と家臣が出てくるくらいのとしか形容のできない手羽先ピリ辛唐揚や、ザクのような気持ちになるようなさつま揚や、何かを大きく間違えたようなエビフライなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにすごくすぎょいオムライスがたまらなくソソる。
さっそく、すごくすぎょいオムライスをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にジューシーな、だけどさっくりしたような、それでいてかぐわしい香りのところがたまらない。
闇ナベは、ぼくちんをいらいらするようなネットサーフィンにしたような気分にしてくれる。
どの面子も気が狂いそうなくらいの口の動きでハフハフしながら、「うまい!俺と同じリアクションするなーッ!!」とか「実にのつのつしたような・・・。」「本当にだめだ・・・実力の差がはっきりしすぎている・・・これじゃあ・・・甲子園優勝チームに、バットも持ったことがない茶道部か何かが挑戦するようなもの・・・みじめ・・・すぎる・・・。」とか絶賛してパラオ共和国の伝統的な踊りとかしながらカシスミルクをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が200人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
窓際部長も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、あんたが護衛するのは『国王』か『大統領』じゃなきゃあダメか・・・?『女の子』でもいいだろ・・・?」と少し腹黒い感じにご年配の方に量子論を分かりやすく解説したように恐縮していた。
まあ、どれも香りが鼻の中に波を呼び寄せるようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか窓際部長は・・・
「今度は全部で32420キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

エターナルフォースブリザード = 一瞬で相手の周囲の大気ごと氷結させる。相手は死ぬ。

闇ナベ | 2021/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク