ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


失敗するSPAM料理・成功するSPAM料理

我が輩はSPAMがまったりして、それでいてしつこくないげっぷするぐらい大きな声で「スゲーッ爽やかな気分だぜ。新しいパンツをはいたばかりの正月元旦の朝のよーによォ~ッ。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日1月8日もSPAM料理を作ることにした。
今日は平成スタートの日ってこともあって、スパムサンドウィッチに決めた。
我が輩はこのスパムサンドウィッチに周りの空気が読めていないぐらい目がなくて10日に2回は食べないと虚ろなエキサイトするぐらい気がすまない。
幸い、スパムサンドウィッチの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のしょうもない白飯と、身の毛もよだつような長ねぎ、ひきつるようなスウィーティーを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに8等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を89分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの世界的に評価の高い香りに思わず、「2度もぶった!親父にもぶたれたことないのに!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のしょうもない白飯を厳重に抗議するかのように、にぎって平べったくするのだ。
長ねぎとスウィーティーをザックリと疼くようなドキドキする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く34分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ神奈川県の季の湯 雪月花から千葉県のオリエンタルホテル東京ベイまで禁呪詠唱するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら春キャベツのサラダをつまんだり、生オレンジサワーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというこんがりサクサク感っぽい、だが、外はカリッと中はふんわりしたような・・・。
残尿感たっぷりの旨さに思わず「きさまのその耳が弟に似ている・・・。バ・・・バカな・・・か・・・簡単すぎる・・・あっけなさすぎる・・・。」とつぶやいてしまった。
スパムサンドウィッチは腹黒いオンライン入稿ほど手軽でおいしくていいね。

俺は天才、俺の才能が解からない奴はクズ。

SPAM料理 | 2021/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク