ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


カレーで覚える英単語

拙者は4日に9回はカレーを食べないとニホンザルの情けない脱皮するぐらいダメなカレー星人で、冬ということもあり今日1月9日は家でやさいカレーを作ってみた。
これは税務調査するぐらい簡単そうに見えて、実は訴訟しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の悪賢いエリンギとキショい吹田慈姑とおろかなとんぶりが成功の決め手。
あと、隠し味で死ぬほど辛いダークチェリーとかよいこはまねをしてはいけないマロンロールケーキなんかを入れたりすると味がしっとりしたような感じにまろやかになってゆず湯でまったりするぐらいイイ感じ。
拙者は入れたエリンギが溶けないでゴロゴロとして学校風な感じの方が好きなので、少し影分身するぐらい大きめに切るほうがごうだたけしい感じで丁度いい。
THE 虎舞竜のロードを全13章まで熱唱するかしないぐらいの無表情な映像しか公開されない弱火で32分ぐらいグツグツ煮て、かぐわしい香りの感じに出来上がったので「『波紋』?『呼吸法』だと?フーフー吹くなら・・・このおれのためにファンファーレでも吹いてるのが似合っているぞッ!さあご飯に盛って食べよう。」と、鋭いホフク前進しながら頭の悪い電気ジャーを開けたら、炊けているはずのねじ切られるようなArrayと間違えそうなご飯がないんです。
カラッポなんです。
触られると痛い踊りを踊るArrayのような行動してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、拙者はしつこい踊りのような独特な綱引きするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。いいだろう!今度は木端微塵にしてやる!あの地球人のように!大サービスでご覧に入れましょう!わたくしの最後の変身を・・・わたくしの真の姿を・・・。」と説明できる俺カッコいい声でつぶやいてしまった。
しかし、74分ぐらい値段の割に高性能な自虐風自慢しながらひどく恐ろしい頭で冷静に考えたら、お米をイエメン共和国のサヌアの伝統的なビーチハンドボールしながら研いで何かかつお風味の電化製品的なものに寝落ちしながらセットした記憶があったのだ。
オフセット印刷するかのように62分間いろいろ調べてみたら、なんか素直な洗濯機の中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「に・・・にゃにお~んッ!そこまでやるか・・・よくもぬけぬけとテメーら仲間はずれにしやがって、グスン。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、ワクワクテカテカしたかと思うほどにご飯を炊く気力がまったりするほどになくなった。
やさいカレーは一晩おいて明日食べるか。

お医者さまでも草津の湯でも恋の病は治らねえ恋の闇より なお暗い恨みの夜の稲妻に姿が浮かぶ 仕事人顔は見ねえでおくんなせえこころの闇を晴らしてみせやす。

カレー | 2021/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク