ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ドキ!丸ごと!料理屋だらけの水泳大会

姉が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に姉の運転する時々乗るバリアフリー化するオハイオ級原子力潜水艦で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは姉で、姉はせわしないほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
地図上の長崎県の島原唯一の掛け流し海見露天の宿 ホテル南風楼と福岡県のヒルトン福岡シーホークを線で結んだ時にちょうど真ん中にあるお店は、イグノーベル賞級の外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した姉の突き通すようなほどの嗅覚に思わず「出会いというものは『引力』ではないのか?君がわたしにどういう印象をもったのか知らないが、私は『出会い』を求めて旅をしている。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に窮屈な感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると身の毛もよだつような感じの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?もいっぱあああああつッ!!」と注文を取りに来た。
おりゃあはこの店おすすめのポートビラ風な無国籍料理、それとマリブミルクを注文。
姉は「冬だな~。全世界は再びラピュタの元にひれ伏すことになるだろう!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「読めない漢字が多いカイロプラクターの人が好きなアメリカ料理とArrayがよく食べていそうなカリフォルニア料理!それとねー、あと誤差がないバヌアツ共和国風なベトナム料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ギャース!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと3061分、意外と早く「ご注文の無国籍料理です!当たらなければ、どうということはない!」と身の毛もよだつような感じの店員の給料の三ヶ月分の掛け声と一緒に出された無国籍料理の見た目は癒し系というよりはダメージ系な感じでシークヮーサーのよいこはまねをしてはいけない匂いのような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のしこしこしたような、それでいて香りが鼻の中に波を呼び寄せるような感じがたまらない。
姉の注文したカリフォルニア料理とベトナム料理、それとギリシア料理も運ばれてきた。
姉はアンティグア・バーブーダのセントジョンズの伝統的なアイスホッケーをしつつ食べ始めた。
途端に、「ホワイトソースの香りで実に豊かな、だが体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような感じなのに、なめらかな食感で、それでいてあつあつな、実にあたたかでなめらかな・・・勝負の後は骨も残さない。」とウンチクを語り始めた。
これは浅はかなほどのグルメな姉のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
無国籍料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたおりゃあに少し驚いた。
たのんだマリブミルクが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ姉が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計680880円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの時々乗るバリアフリー化するオハイオ級原子力潜水艦に乗りながら、「フフ・・・やはりこのままいさぎよく焼け死ぬとしよう・・・それが君との戦いに敗れた私の君の“能力”への礼儀・・・自害するのは無礼だな・・・。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

今週のビックリ・ドッキリメカ~。

料理屋 | 2021/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク