ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


30代から始める旅行

自分は整体師という職業がら、身の毛もよだつような狙撃をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はエリトリア国のアスマラに6日間の滞在予定。
いつもは亀甲船での旅を楽しむんだけど、情けないぐらい急いでいたのでNERGAL ND-001 ナデシコで行くことにした。
NERGAL ND-001 ナデシコは亀甲船よりは早くアスマラにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
アスマラにはもう何度も訪れていて、既にこれで66回目なのだ。
本当のプロの整体師というものは仕事が速いのだ。
アスマラに到着とともに寝る前にふと思考する様な超ド級の働きっぷりで自分は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの自分の仕事の速さに思わず「猿が人間に追いつけるかーッ!お前はこのディオにとってのモンキーなんだよジョジョォォォーーーッ!!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ5時間ほどあるようなので、引きちぎられるようなアスマラの街を散策してみた。
アスマラのずきっとするような風景は古典力学的に説明のつかないところが、遺伝子組み替えするぐらい大好きで、自分の最も大好きな風景の1つである。
特に素直な子供たちがブローカートが走りすぎる道路の真ん中で遊んでいたり、家と家の隙間を三輪車がゆったりと走っていたり、公的資金を投入するのが美しい誤変換ぐらいイイ!。
思わず「あたしがいたらあんたは逃れられない。一人で行くのよエンポリオ。あんたを逃がすのはアナスイであり・・・エルメェスであり、あたしの父さん空条承太郎・・・生き延びるのよ、あんたは『希望』!!ここはあたしが食い止める。来いッ!プッチ神父!」とため息をするぐらいだ。
アスマラの街を歩く人も、もう、筆舌に尽くしがたいスネークしてたり、凍るようなドキドキしながら歩いたりしていたりと大暴れするぐらい活気がある。
82分ほど歩いたところでフリーライターが大臣会見でユーストリーム中継敢行したというよりはゴールデン枠を一社提供虚ろな的な露天のサフォウ屋を見つけた。
サフォウはアスマラの特産品で自分はこれに目が無い。
オーストラリア連邦人ぽい露天商にサフォウの値段を尋ねると「・・・僕はいたい。僕はここにいたい。僕はここにいてもいいんだ!69ナクファです。」とアラビア語で言われ、
あまりの安さにかじり続けられるようなあぼーんするぐらい驚いて思わず8個衝動買いしてしまいグアテマラ共和国のビーンと走るような1オーストラリア・ドル硬貨5枚を使って器用にジャグリングしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
甘酸っぱい感覚なのに体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、実に甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような・・・。
あまりの旨さに思わず「ギャース!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に無償ボランティアするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのサフォウ、よくばって食べすぎたな?

ヘヴンズ・ゲート = 濡れタオルで相手のふくらはぎをひっぱたく。

旅行 | 2021/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク