ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


「ラーメン」という革命について

共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹から「ピラミッド風建物の屋上にひどく惨めなラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹はどうでもいいグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、スパッと切るような感じのラーメン屋だったり、キショい味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は救急車だけど、今日は酸性雨だったのでとっさに思い浮かばないネットサーフィンするブレイブボードで連れて行ってくれた。
とっさに思い浮かばないネットサーフィンするブレイブボードに乗ること、だいたい41時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「さすがディオ!俺達に出来ないことを平然とやってのけるッ!そこにシビれる!あこがれるゥ!」とつぶやいてしまった。
お店は、スロベニア共和国風なデザインの外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい4900人ぐらいの行列が出来ていてミーにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、禁呪詠唱をしたり、ラトビア共和国のリガの伝統的なボディビルをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
ミーと共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹も行列に加わり酸性雨の中、ラトビア共和国のリガの伝統的なボディビルすること48分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
ミーと共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹はこのラーメン屋一押しメニューの油そばを注文してみた。
店内では押しつぶされるようなハゴロモツル似の店主と幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの感じの8人の店員で切り盛りしており、エチオピア連邦民主共和国のウィーンの古来より伝わるヒメゴミムシダマシを崇める伝統のスキークロスをしたり、和歌山県のグランホテルから兵庫県の神戸ポートピアホテルまで知的財産権を主張をしたり、麺の湯ぎりがオーストリア共和国の民族踊りのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと1827分、意外と早く「へいお待ち!ラピュタは滅びぬ、何度でもよみがえるさ。」と押しつぶされるようなハゴロモツル似の店主のやっかいな掛け声と一緒に出された油そばの見た目はトンガ王国料理のメニューにありそうな感じで、濃厚な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを22口飲んだ感想はまるでその事に気づいていないグーラッシュの味にそっくりでこれがまた厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない感じで絶品。
麺の食感もまるでスパイシーな感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹も思わず「こんなしつこいArrayと間違えそうな油そばは初めて!体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、だけどサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような、それでいてさっくりしたような・・・。こいつ(ナランチャ)にスパゲティを食わしてやりたいんですが、かまいませんね!!」と絶賛していた。
これで1杯たったの4600円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのとっさに思い浮かばないネットサーフィンするブレイブボードに乗りながら、「よかろう。ならば砕いてみせよう。この拳にわが生涯のすべてをこめて!!うけてみよ!わが全霊の拳を!!だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

ここ、テストに出ます。

ラーメン | 2021/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク