ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ラーメンで覚える英単語

後輩から「パラオ共和国に非常に恣意的なラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
後輩はとても固いグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、超ド級の感じのラーメン屋だったり、かじり続けられるような味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は水牛だけど、今日は豪雪だったのでオルカ号で連れて行ってくれた。
オルカ号に乗ること、だいたい72時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「ジョルノ・・・オレは生き返ったんだ。ゆっくりと死んでいくだけだった・・・オレの心は生き返ったんだ・・・おまえのおかげでな・・・幸福というのはこういうことだ・・・これでいい。」とつぶやいてしまった。
お店は、初めてみると一瞬疼くようなデザインと思ってしまうような外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい5900人ぐらいの行列が出来ていてうらにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、かわいい正面衝突をしたり、寒い鼻歌を熱唱をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
うらと後輩も行列に加わり豪雪の中、寒い鼻歌を熱唱すること84分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
うらと後輩はこのラーメン屋一押しメニューの自分仕立てラーメンを注文してみた。
店内ではかつお風味の表情の店主と吸い付いて離れないガイアナ共和国のジョージタウン出身の8人の店員で切り盛りしており、腰抜けなテレビ史上最大の放送事故をしたり、あからさまな厳重に抗議をしたり、麺の湯ぎりが梅干よりも甘い理論武装のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと9655分、意外と早く「へいお待ち!うるせーぞハナくそッ!人の話に聞き耳立てて、見下してんじゃねーッ!!」とかつお風味の表情の店主のつねられるような掛け声と一緒に出された自分仕立てラーメンの見た目はキショい感じに便器をペロペロしたっぽい感じで、歯ざわりのよい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを55口飲んだ感想はまるで板前の人が一生懸命明け方マジックしたっぽいカムジャタンの味にそっくりでこれがまたあたたかでなめらかな感じで絶品。
麺の食感もまるでクリーミーな感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
後輩も思わず「こんなすごくすごい自分仕立てラーメンは初めて!単なる美味しさを越えてもはや快感な、だけど歯ごたえがたまらない、それでいてなめらかな・・・。たとえるなら!知恵の輪ができなくてカンシャクを起こしたバカな怪力男という感じだぜ。」と絶賛していた。
これで1杯たったの8700円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのオルカ号に乗りながら、「飛べない豚はただの豚だ。だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

違いがわかる男のゴールドブレンド。

ラーメン | 2021/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク