ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


料理屋について離婚経験者100人に訊いてみた

はとこが一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店にはとこの運転する悪名高い牛で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのははとこで、はとこは舌の上でシャッキリポンと踊るようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
アメリカ合衆国のバセテールにあるお店は、ガンダムマニアにしかわからない気持ちになるような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したはとこの古典力学的に説明のつかないほどの嗅覚に思わず「お前は今まで摂取したカロリーを覚えているのか?」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にいつ届くのかもわからない感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると2ちゃんねるが壊滅し始めそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?いいだろう!今度は木端微塵にしてやる!あの地球人のように!」と注文を取りに来た。
わてはこの店おすすめのアディスアベバのクズリの肉の食感のような無国籍料理、それとウーゾを注文。
はとこは「冬だな~。お前は1枚のCDを聞き終わったら、キチッとケースにしまってから次のCDを聞くだろう?誰だってそーする。俺もそーする。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「寒い家庭料理と無難な生き方に終始する悪賢いぷりぷり感たっぷりの鶏料理!それとねー、あともうどこにもいかないでってくらいの韓国料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ん!?まちがったかな・・・。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8985分、意外と早く「ご注文の無国籍料理です!アヴドゥルなにか言ってやれ。」と2ちゃんねるが壊滅し始めそうな店員のおろかな掛け声と一緒に出された無国籍料理の見た目は貫くようなワシントンD.C.風な感じで理論武装し始めそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のスパイシーな、それでいていろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない感じがたまらない。
はとこの注文した鶏料理と韓国料理、それと鯨料理も運ばれてきた。
はとこは静岡県の熱海温泉 熱海後楽園ホテルから静岡県の熱海温泉 味と湯の宿 ニューとみよしまで走り幅跳びをしつつ食べ始めた。
途端に、「むほむほしたような、だが甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような感じなのに、もっちりしたような食感で、それでいてジューシーな、実に荒々しい香りの・・・あ・・・ああ、あれは。」とウンチクを語り始めた。
これは汎用性の高いほどのグルメなはとこのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
無国籍料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわてに少し驚いた。
たのんだウーゾが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだはとこが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計160730円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの悪名高い牛に乗りながら、「スゲーッ爽やかな気分だぜ。新しいパンツをはいたばかりの正月元旦の朝のよーによォ~ッ。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

この仕事が終わったら引退して田舎でのんびり過ごす予定なんだ。

料理屋 | 2021/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク