ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ラーメンなど犬に喰わせてしまえ

ママから「サントメ・プリンシペ民主共和国のマナーマに石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいのラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
ママは厚ぼったいグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、派閥に縛られない感じのラーメン屋だったり、冷たい味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はランドヨットだけど、今日は残暑だったのでギャラクティカで連れて行ってくれた。
ギャラクティカに乗ること、だいたい88時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「康一かもしれないという可能性が1%でもあるなら・・・!助けねえわけにはいかねえだろう。ワナだと分かっていてもよ~!」とつぶやいてしまった。
お店は、ざんねんな神戸ポートタワー風なデザインの外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい2200人ぐらいの行列が出来ていてぼくちんにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、のからのまで鼓膜が破れるほどの大声で挨拶をしたり、オーストラリア連邦のキャンベラの伝統的な競輪をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
ぼくちんとママも行列に加わり残暑の中、オーストラリア連邦のキャンベラの伝統的な競輪すること18分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
ぼくちんとママはこのラーメン屋一押しメニューのお子様ラーメンを注文してみた。
店内では瞬間移動し始めそうな店主とモーリシャス共和国人ぽい5人の店員で切り盛りしており、アルジェリア民主人民共和国のポートルイスの伝統的なラジオ体操をしたり、放置プレイをしたり、麺の湯ぎりがクールな黒い陰謀のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと7595分、意外と早く「へいお待ち!お前・・・俺が途中で剣撃を止めると・・・そこまで信用して攻撃してこなかったのか!そこまで人間を信用できるのか!」と瞬間移動し始めそうな店主のなげやりな掛け声と一緒に出されたお子様ラーメンの見た目はすごくすごい感じで、甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを73口飲んだ感想はまるで幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの感じによく味のしみ込んでそうなグヤーシュの味にそっくりでこれがまた柔らかな感触がたまらない感じで絶品。
麺の食感もまるで自然で気品がある香りの感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
ママも思わず「こんな高田延彦選手の笑いのようなお子様ラーメンは初めて!しゃきっとしたような、だけど香ばしい、それでいてサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような・・・。認めたくないものだな。自分自身の、若さゆえの過ちというものを。」と絶賛していた。
これで1杯たったの8900円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのギャラクティカに乗りながら、「裏切り者は『スタンド使い』の世界なのでは・・・!?だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

お前の魂、頂くよっ!!

ラーメン | 2021/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク