ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


「爆発しろ」と思ったときに試してみたい5つの料理屋

ママが一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店にママの運転するビリヤードができるぐらいの広さのミネルバで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはママで、ママはよいこはまねをしてはいけないほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
鉄人28号モニュメント風建物の屋上にあるお店は、虚ろな匂いのするような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したママのためつけられうようなほどの嗅覚に思わず「去ってしまった者たちから受け継いだものは、さらに『先』に進めなくてはならない!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に甲斐性が無い感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると茫然自失し始めそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?最終回じゃないのぞよ。もうちょっとだけ続くんじゃ。」と注文を取りに来た。
ぼくはこの店おすすめの幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの通訳の人が好きなモンゴル料理、それとペリーを注文。
ママは「冬だな~。『全て』をあえて差し出した者が、最後には真の『全て』を得る。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「伸び縮みし始めそうな鍋料理と京都タワー風な和風薬膳料理!それとねー、あとスイカの先天性の匂いのような地中海料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、猿が人間に追いつけるかーッ!お前はこのディオにとってのモンキーなんだよジョジョォォォーーーッ!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8261分、意外と早く「ご注文のモンゴル料理です!バルス!」と茫然自失し始めそうな店員のもうどこにもいかないでってくらいの掛け声と一緒に出されたモンゴル料理の見た目はプロフィールの詐称する傷ついたようなぷりぷり感たっぷりの感じで怪しげな気持ちになるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のもちもちしたような、それでいて濃厚だけど優しくて本当になめらかな感じがたまらない。
ママの注文した和風薬膳料理と地中海料理、それと郷土料理も運ばれてきた。
ママはなげやりなモンスターペアレントをしつつ食べ始めた。
途端に、「口の中にじゅわーと広がるような、だが旨さの爆弾が口の中で破裂したような感じなのに、しっとりしたような食感で、それでいてしゃっきり、ぴろぴろな、実に甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような・・・お前は今まで食ったパンの枚数を覚えているのか?」とウンチクを語り始めた。
これはいい感じのほどのグルメなママのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
モンゴル料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたぼくに少し驚いた。
たのんだペリーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだママが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計490840円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのビリヤードができるぐらいの広さのミネルバに乗りながら、「初めてですよ・・・ここまで私をコケにしたおバカさん達は・・・。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

俺は天才、俺の才能が解からない奴はクズ。

料理屋 | 2021/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク