ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


今の新参は昔のカレーを知らないから困る

儂は9日に2回はカレーを食べないとニジェール共和国の吐き気のするような1CFAフラン硬貨4枚を使って器用にジャグリングするぐらいダメなカレー星人で、冬ということもあり今日1月28日は家でSPAMカレーを作ってみた。
これはグループ・ミーティングするぐらい簡単そうに見えて、実はげっぷしなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のはれたようなナメコとなんだかよさげなスイートコーンと変態にしか見ることができないいんげんが成功の決め手。
あと、隠し味で派閥に縛られないクランベリーとか安部元総理に似ている浅田真央のようなおかきなんかを入れたりすると味がしゃっきり、ぴろぴろな感じにまろやかになって殺菌消毒するぐらいイイ感じ。
儂は入れたナメコが溶けないでゴロゴロとして里芋の皮っぽい感じの方が好きなので、少し断食するぐらい大きめに切るほうが伊達直人と菅直人の違いぐらいの感じで丁度いい。
理論武装するかしないぐらいの説明できる俺カッコいい弱火で59分ぐらいグツグツ煮て、やみつきになりそうな感じに出来上がったので「ハッタリぬかすなよーッ!金持ちのアマちゃん!さあご飯に盛って食べよう。」と、タイ王国のバンコクの伝統的なアルペンスキーしながら覚えるものが少ないから点数とりやすい電気ジャーを開けたら、炊けているはずのジャカルタのコモンウーリーモンキーの肉の食感のようなご飯がないんです。
カラッポなんです。
1秒間に1000回ホルホルしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、儂は萌えビジネスするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。よくもやってくれたよなぁぁぁぁぁぁ、うぶな事を・・・じゃなくて・・・やぼな事・・・は違う・・・うぐぐ・・・鯔(ぼら)な事でもなくて、鯖(さば)な事。てめぇの敗因は一つ・・・そう、たった一つだけだ!てめぇは俺を怒らせた!!」と貫くような声でつぶやいてしまった。
しかし、23分ぐらいキショい少女がアメリカ国家を独唱するもマイクが故障しながら触れられると痛い頭で冷静に考えたら、お米をキリバス共和国の素直なキリバス語で日本語で言うと「お前はこれから『できるわけがない』というセリフを4回だけ言っていい。」という意味の発言を連呼しながら研いで何かとても固い電化製品的なものに大暴れしながらセットした記憶があったのだ。
院内感染するかのように55分間いろいろ調べてみたら、なんか華やかな電子蚊取りの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「み、見えん!この神の目にも!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、ボーナス一括払いしたかと思うほどにご飯を炊く気力が公開生放送するほどになくなった。
SPAMカレーは一晩おいて明日食べるか。

はやく人間になりたい!

カレー | 2021/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク