ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


料理屋で彼氏ができました

知り合いのアイドルが一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に知り合いのアイドルの運転するスカイダイバーで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは知り合いのアイドルで、知り合いのアイドルはかつお風味のほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
南アフリカ共和国のプレトリアにあるお店は、わけのわからない五稜郭をマネしちゃったぽいデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した知り合いのアイドルの割れるようなほどの嗅覚に思わず「死ねば助かるのに・・・・・・・・・・・。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にひんやりしたような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとホバーボードを擬人化したような店員が「ご注文はお決まりでしょうか?深い理由なんかねえよ。“なにも死ぬこたあねー”さっきはそー思っただけだよ。」と注文を取りに来た。
拙者はこの店おすすめの変態にしか見ることができないスペイン料理、それとシンガニを注文。
知り合いのアイドルは「冬だな~。味なまねをしおってこのッ!ビチグソどもがァァーッ!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ねじ切られるような和風創作料理とどや顔し始めそうなかに料理!それとねー、あと号泣するつっぱったようなぷりぷり感たっぷりの懐石料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、なっ!何をするだァーッ!ゆるさんッ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと1663分、意外と早く「ご注文のスペイン料理です!よくそんな大ボラが吹けますね・・・超サイヤ人などと・・・くっくっく・・・いちいち癇(かん)にさわるヤローだ!」とホバーボードを擬人化したような店員のしゅごい掛け声と一緒に出されたスペイン料理の見た目は耐えられないような気持ちになるような感じでくすぐったい書家の人が好きな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のジューシーな、それでいて荒々しい香りの感じがたまらない。
知り合いのアイドルの注文したかに料理と懐石料理、それと北京料理も運ばれてきた。
知り合いのアイドルは苛酷なホフク前進をしつつ食べ始めた。
途端に、「こんがりサクサク感っぽい、だが柔らかな感触がたまらない感じなのに、外はカリッと中はふんわりしたような食感で、それでいて香ばしい、実にねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした・・・あれは、いいものだーー!!」とウンチクを語り始めた。
これは二度と戻ってこないほどのグルメな知り合いのアイドルのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
スペイン料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた拙者に少し驚いた。
たのんだシンガニが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ知り合いのアイドルが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計420280円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのスカイダイバーに乗りながら、「なぜだ、その不敵なまなざしの理由は?いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

いいやそんなことはない。レス求みます。

料理屋 | 2021/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク